あなたへのおすすめ

  • 特撮仮面

     正義の味方と悪の組織が乱立する近未来、ある組織に大幹部を名乗る怪人がいた。組織の中でもトップクラスの能力を誇る彼の名は、シルバービート。このまま組織でずっと戦い続けるのだろうと未来設計をしていた彼であるが、年齢が十五歳となったことで学校に通わなければならなくなってしまった。入学早々事件を起こして不良の名を欲しいがままにしてしまった彼であるが、宿泊研修を契機に様々な人とかかわりが増え始め、それに比例するように様々な事件が舞い込んでくるようになった。
     様々な縁により、高校生、そして大幹部として新たな日常を送る彼に待ち構える敵は多い。
     日常と非日常、正義と悪、ヒーローと大幹部。これは山奥にある学園都市で繰り広げられる、様々な悩みを抱えつつも時にごり押し、時に力尽くで問題を解決していく悪の大幹部の話。

    0クル

    カテゴリー内順位1221位 / 5,569件

    ジャンル内順位32位 / 274件

    (0)

  • クラン

    十六歳の夏、僕の同級生が死んだ。
    その子の唯一の友人といって良い女子『月岡』は、感情の抜け落ちた無表情で日々を過ごしている。
    そんな彼女に近付くのは、コミュニケーション能力の高い女子である『壬生(みぶ)』くらいのものだった。
    夏休み前、最後の放課後。僕は壬生が月岡に、花瓶の水をかける場面を目撃する……。

    銀紙のような薄っぺらい月の下、思春期の男女が送るひと夏の『変身劇』。

    0クル

    カテゴリー内順位1221位 / 5,569件

    ジャンル内順位32位 / 274件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    高校生
    その他の要素
    悲恋
    偏愛・執着
    同性愛
    ヒューマンドラマ
    純文学
    レイティング
    R15
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    徒競走の件で世間から卑怯者のレッテルを貼られた亀山啓吾は亀山家の汚名を晴らすべく、兎田俊介に果たし状を送り続けるがことごとく無視される。そんな亀山啓吾に狸町佐南は「汚名返上案」があると持ちかける。兎田俊介に取り入っているかに見えた狸町佐南も実はカチカチ山の件で思う所があったのだ。

    0クル

    カテゴリー内順位1221位 / 5,569件

    ジャンル内順位32位 / 274件

    (2)

  • まさるしー

    フクロウの彫刻をきっかけに3人の視点でおくられるオムニバスストーリー。
    1人目、名前に縛られた女
    2人目、青い春の男
    3人目、慮る男

    同じ彫刻を見てそれぞれの登場人物が何を思い、どう行動していくのか。
    同じ彫刻なのに見る人の心で表情が変わって見える。
    同じ出来事が見る人の持つ情報で評価が変わのと同じように。

    読み終わった時、あなたはきっと、大切な誰かとお喋りしたくなる―――。

    0クル

    カテゴリー内順位1221位 / 5,569件

    ジャンル内順位32位 / 274件

    (1)

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    首なし姫を見た。新学期になってそんな噂が広まった。目撃情報があるという長い川沿いの公園に行くと、そこには予想通り少し前に死んだ姉がいた。もちろん首のない姿で。僕と姉はしゃべりながら川を下り、少しづつ海に向かって行った。姉は告白した「人魚姫になりたかった」と。

    0クル

    カテゴリー内順位1221位 / 5,569件

    ジャンル内順位32位 / 274件

    (0)

  • 清水 幸

     森葉月(もりはづき)は地域で二番手校の沼津海星館高校の一年生、そして勉強にも部活にも人付き合いにも興味のない底辺女子。
     彼氏どころか友達も一人しかいない。
     そんな底辺の生活でもそれなりにエンジョイしていたが、唯一の友達・遠藤比呂美(えんどうひろみ)に絶交されて、さすがの葉月も戸惑った。
     しかも、密かに片想いしていた相手の杉野疾風(すぎのはやて)が自分のことを性格がブスだと言っているのを聞いてしまう。
     私はそんなに不幸じゃないと言い聞かせて学校に通い続けるが、よりによって疾風と二人で図書委員の仕事を一週間することになった。
     葉月本人も気づいてない魅力に疾風は気づく。
    疾風は交際を申し込み、葉月も勢いで同意する。
    リア充男子と底辺女子という究極の格差カップルが誕生したが、格差がありすぎて自信喪失気味の葉月。
     それでも初めてのデートも経験し、二人の距離は確実に縮まっていく。
    でも、疾風を密かに想う比呂美。
     葉月に疾風はもったいないと二人を別れさせようとする疾風の弟たち。
     次から次へと恋の障害が立ちはだかる。
     最大の難関は葉月の母。
     葉月の母は二人の交際に全面的に賛成しているが、葉月のスマホにスパイアプリを仕込んで疾風のことを調べ上げる悪魔のような母親だ。
     疾風の祖父の喜一郎(きいちろう)の画策により、疾風は囲碁六段の葉月のために学校に囲碁同好会を発足させようと活動を開始した。
     新入会員集めに苦戦する中、立花吉歌(たちばなきっか)と星林檎(ほしりんご)というまた一癖も二癖もある新入会員を、友達が一人もいない葉月が見つけてきた。
     夏休みになる前に、比呂美も含め五人の会員がそろい囲碁同好会が正式にスタートした。
     初陣は9月から始まる新人戦の県大会。
     葉月の目標は県大会を勝ち上がり全国大会に出場すること。
     吉歌に結婚を迫られたり、母が疾風を家に連れてきて薬で眠らせたり、平和にはほど遠い日々を送りながらも、葉月たち五人は大会に向けて着実に前進していく。
     そして秋、葉月たちの初試合の日が来た。まず県大会団体戦。相手は夏の選手権で県大会を制し全国大会に出場した沼津第一高校。
     強敵すぎて落ち込む比呂美たち。でも立ち止まっている暇などなくて、葉月たち三人は難敵との初戦に挑むのだった。

    0クル

    カテゴリー内順位1221位 / 5,569件

    ジャンル内順位32位 / 274件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    学校
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    高校生
    その他の要素
    身分差
    三角関係・多角関係