あなたへのおすすめ

  • MASAMI.K

    「誰か、僕のことを知りませんか?」そう言いながら渋谷の街を歩くと、30代くらいの女性が珍しいものを見るような目をしながら通り過ぎた。
    机の引き出しに閉じ込めた蠅を愛でることが、僕の心を穏やかにさせた。

    0クル

    カテゴリー内順位1204位 / 4,970件

    ジャンル内順位19位 / 385件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    高校生
    その他の要素
    純文学
  • 死のまわりーみんな

    マツダシバコ

    死のまわりシリーズ3/3話。
    我々は愛を体験するために、この世界に生まれてきたのだろうか。
    愛を感じるためにはやはり、死というルールは不可欠。
    死の場面で体験した感情とは。
    死のことの物語。

    0クル

    カテゴリー内順位1204位 / 4,970件

    ジャンル内順位19位 / 385件

    (0)

  • 橋口武史

    テイク・ミー・トゥ・ザ・クラウド

     クラウド・コンピューティングが高度に進化し、ARが広がりを見せつつある社会。芸能界は激変を迎えた。タレントはクラウド・ビジネスを中心に再編され、プロダクション制度は崩壊した。各クラウドが群れをなし、激しく覇を競っている。そんな中、目的のために手段を選ばぬクラウドが出現した。それは暗殺集団を抱え、敵対クラウドを叩きのめして業界を支配する大クラウドにのし上がった【ヨルムンガンド】だ。その暗殺集団は、ヨルムンガンド・レンジャーと呼ばれている。
     彼らは、表向きはタレントとして華やかな姿を見せる一方、裏において暗殺を含む闇稼業を行っている。それこそ、社会にひっそりと鮮烈に生きる現代の忍たちの姿なのだ。忍者といえば、本来は名も知られぬ日陰者。だが、芸能界の忍たちは表でタレントとして脚光を浴びつつ、陰にも潜む二重生活を送っていた。
     そんな中、ピアノ線とピン札手裏剣を武器として暗殺を行うヨルムンブラックの加東ルミ江は思った。
    「……もう沢山」
     ルミ江が抜け忍を決意したその瞬間から、彼女は業界のどこかに潜んでいる他の四人のヨルムンガンド・レンジャーとの対決を余儀なくされた。ルミ江を追う忍の正体は分からない。だが全てがタレントであり、九ノ一である。こうして加東ルミ江の、タレント業を営みながらの果たし合い、激闘に次ぐ激闘の日々が始まった。

    カクヨムにて公開中。

    本を出しました。
    「音魂よ、舞い上がれ! ① 天宇受売ノ命の岩戸開きフェス編」アセンド・ラピス
    2019年2月25日発売です。

    0クル

    カテゴリー内順位1204位 / 4,970件

    ジャンル内順位19位 / 385件

    (0)

  • ハリマオ65

    第一次、第二次オイルショックで太陽熱温水器が売れた。その機に
    乗じてエコロジーでソーラーシステム、太陽光発電システムと山梨
    から千億に販路を拡大し山倉光男は成功した。しかし流行も終わると
    一気に冷める。その後、太陽光発電の買い取り制度で息を吹き返した。
    その後、脱二酸化炭素としてハイブリッドカー、電気自動車、燃料
    電池車が登場。その後地球温暖化問題で世界的な会議が開かれた。
    しかし温暖化のために巨大台風の被害が拡大、対策が急務となった。
    その対策の試みや、若者が地球温暖化対策のいい加減さを糾弾した。

    0クル

    カテゴリー内順位1204位 / 4,970件

    ジャンル内順位19位 / 385件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    海外
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    50代以上
    その他の要素
    歴史考察
    現代知識
    ヒューマンドラマ
    職業もの
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    大ガラスは不吉の象徴として人々から恐れられていた。それに対して、普通のカラスはまるで風景の一部でしかないように全く相手にされない。自尊心の強いカラスはその不遇を嘆くが、大ガラスから助言を受けたことで、人間を見返すべく変わり始める。現代のカラスはこうして生まれた。

    0クル

    カテゴリー内順位1204位 / 4,970件

    ジャンル内順位19位 / 385件

    (1)

  • ハリマオ65

    名門のでの伊藤史郎は、226事件で犠牲になった
    伊藤広重侯爵の家の子供、伊藤和子の息子だ。
    しかし伊藤家の血筋も戦後、伊藤史郎が名門
    ・伊藤家の忘れ形見となった。

     戦災を逃れて信州・松本に疎開して、厳しい
    教育を受け、信州の名門・松本深志高校から
    東大建築学部へ進学した。その後、以前、伊藤家の
    金庫番をしていた山本和夫から伊藤家の財産をスイス
    の銀行に金塊50Kgとして預けてあると話を聞き、
    伊藤家の全財産を相続する事になった。 

      その後、史郎はゼネコンに入社、多くの
    経験を積み、65歳で定年退職を迎えた。
    その後、東京湾・第二アクアラインの計画
    が遅れたものの、2019年に完成し、その後、
    首都圏の多くの高齢者問題の対策のメンバーとして、
    その後、首都圏・老人問題協議会のメンバーに就任
    して、1級建築士としていろんなアイディアを出して、
    この問題解決に奮闘していった。

    協議会で老朽化してゴーストタウン化している
    ニュータウンの手直や空きや対策でで40万人分
    の住居が確保できる事を調べた。

     更に、低年金生活者のために入居しやすい様に
    法律改正を提案して、大活躍していく・・・。
    これ以降は、是非、この小説をご覧下さい。

    この作品はアルファポリス、ツギクル、カクヨム
    星空文庫に重複投稿しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1204位 / 4,970件

    ジャンル内順位19位 / 385件

    (0)