あなたへのおすすめ

  • 室士郎

    豊臣秀吉と正室・寧々の間に産まれた嫡子『豊臣秀繁』の活躍をご覧あれ!
    豊臣家の子孫・豊臣秀繁は父親によって火事に遭い、そこで戦国時代に『豊臣秀吉と正室・寧々の間に産まれた嫡子』として遡行転生する。
    秀繁は未来知識を活用して、将来的に落ちぶれた豊臣家の命運を変えようと奮闘する。
    秀繁の正室に〇〇〇〇の娘を迎え入れ、〇〇家臣を配下に加えて活躍させていたり、本来討ち死にしていた武将が秀繁に助けられたり、逆に史実であれば勝利を収めるはずだった武将が敗退したり……

    ◇◇◇◇◇

    20xx年、一家心中に巻き込まれた秀繁は息を吹き返すと戦国時代にタイムスリップしていた。
    そこで告げられる『あなたは豊臣秀吉さまと御正室寧々さまの間にいたはずの嫡男である』と。
    秀吉の真の後継者『豊臣秀繁』が秀頼を差し置いて、歴史のある一定以上のことをなかったことにする、死んだ人間を死ななかったことにする物語

    0クル

    カテゴリー内順位1170位 / 5,538件

    ジャンル内順位32位 / 118件

    (1)

    時代
    古代・過去
    中世
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    20代
    30代
    50代以上
    主要登場人物の属性
    大学生
    その他の要素
    転生
    戦争・戦記
    知識チート
    主人公最強
    ヒストリカル
    レイティング
    R15
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    真っ白い小さな芯が転がって柔らかな雪を次々と纏い、大きな固まりになる。それが雪まろげ。二人の侍はまるでじゃれあう仔犬のように白銀の世界を駆け回った。その足跡は、空が明るくなる頃には縦横無尽な広がりを見せていた。

    0クル

    カテゴリー内順位1170位 / 5,538件

    ジャンル内順位32位 / 118件

    (0)

  • 匿名

    私が、ネタニヤフに関し思うのは、彼は、まあ、大統領である。自分が、殺したいから、ガザ地区の人を殺しているのか、それとも、イスラエル人とか、他のユダヤ教徒の、代表として、彼らを殺す様に決定しているのか、どちらなんだろう という事である。預言者は、他人の話を聞くものである。ので、預言者は、他人の意思を実行するものであろう。もし、ネタニヤフが、預言者風のキャラクターであるなら、彼の意思に反し、ユダヤ教徒の意思を持って、ガザ地区の人々を殺しているのであろう。もしそうなら、ネタニヤフを、暗殺しようと、解雇しようと、ガザ地区への虐殺は、止まる事はない。新たな預言者が、ユダヤ教徒の意思を、実行するだけである。一方、もし、ネタニヤフの意思で、殺しているのなら、彼を殺せば、止まるかも知れない。さあ どちらだろう。もし、ネタニヤフが、自分の意思で、行動しているなら、彼は 預言者 というよりは、王なんだろう と 思う。おそらく前者であろうと思う。ガザ地区の人々が、救われる手段は、全面降伏しかないのかも知れない。しかし、全面降伏したものに対し、ユダヤ教徒が、投降させるシステムを持っていると思えない。じゃあ、彼らは、外国に逃げるしかないと思う。彼らの逃げ道を作らないといけない。あそこに、イスラエルの植民地を作らせたのは、イギリス人である。イギリス人には、ガザ地区の連中を、避難させる義務があるし、もし、ガザ地区から、イスラム教徒や、アラビア人や、異邦人・・・非ユダヤ教徒 が 全員いなくなれば、イスラエル人や、ユダヤ教徒の、悲願も成就するのである。イギリスは、当初の計画を、完結させるべきだ。と 同時に、ガザ地区にいる異邦人を、逃れさせないといけない。まあ、もし、ガザ地区の異邦人が、全員いなくなったら、他に彼らは、手を出すかも知れないが。どこまで増長する、ユダヤ教徒。ただ、さしあたっては、ガザ地区である。その次の問題が起こったら、その時に考えればいい。

    0クル

    カテゴリー内順位1170位 / 5,538件

    ジャンル内順位32位 / 118件

    (0)

    時代
    現代
  • 皆鈴

    ついに世界を統一し、最大級の国家となった日本皇国。その国の天皇である弓削和人は、突如、別世界にまたもや転移させられてしまった。その世界は、1936年の日本で、弓削和人は昭和天皇に憑依していた!弓削和人は、与えられたチート能力を駆使しながら、枢軸国と協力して連合国に立ち向かい、第二次世界大戦をやり抜いていく・・・
    ※この作品は前作「世界はリセットされたので、作り直します。」の外伝みたいなものです。
    ※知識、時代考証などが不十分なのでご了承ください。
    ※実際の団体、地名、人物とは関係ありません。

    0クル

    カテゴリー内順位1170位 / 5,538件

    ジャンル内順位32位 / 118件

    (0)

  • 半月明音

    穴山梅雪、吉川広家、織田の天下で狂った彼らの運命 半月明音

    1592年、織田家が天下をとってから数年後。

    織田信長は、大規模な領地替えを行った。

    それぞれが不満を述べながら承諾する中、羽柴秀吉はあることに気づく。

    諸将の名を列挙する堀秀政の口から、自分の名前がでなかったのだ。

    黒田官兵衛は、京都所司代として採用され、広間にいた村井貞勝に挨拶する。

    [天正大移動]と呼ばれるこの国替えは、様々な大名の運命を狂わせるきっかけだった。

    一年後、隠居を余儀なくされた羽柴秀吉が、織田を出奔。

    織田軍は、領地を譲った柴田勝家を筆頭に大規模な捜索を続けるが、周防の滝川一益が毛利残党に追い出されたと伝わる。

    土佐の家康に残党攻撃を命じる織田信長だが、小早川隆景は、土佐と家康を分断。
    毛利秀元(末次元康が代理)は尼子残党の拠点、月山富田城に奇しくも籠城した。

    0クル

    カテゴリー内順位1170位 / 5,538件

    ジャンル内順位32位 / 118件

    (0)

    時代
    古代・過去
    舞台
    日本
    主人公の性別
    それ以外(人間以外を含む)
    主要登場人物の属性
    軍隊
    戦士
    その他の要素
    戦争・戦記
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    フリーマーケットの手伝いをすることになった私は、そこで「まつなが」という少年と出会う。彼は子供らしくない無気力感に包まれて、膝を抱えて座っていた。私は彼と少しずつ関わっていき、彼もゆっくりとだが心を開いていく。しかし、ある出来事で積み上げた努力のすべてが失われてしまう――。

    0クル

    カテゴリー内順位1170位 / 5,538件

    ジャンル内順位32位 / 118件

    (1)