あなたへのおすすめ

  • 0クル

    カテゴリー内順位1312位 / 4,997件

    ジャンル内順位17位 / 384件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
  • ハリマオ65

     佐藤妙子は銚子の漁師の家で1963年誕生。
    実家は「なめろう」売り生計を立てた。その後、高校で負けず
    嫌いで成績優秀、剣道の達人になり名門、千葉高校に合格。
    剣道部の選手になり、そこにインド人のハリッシュが入部し、
    剣道の基礎を教え、やがて、ハリッシュの家に招かれインドの
    奥深さに興味を持ちハリッシュにも好意を持った。

    その後ハリッシュは早稲田大学理工学部機械科、妙子も同じ
    大学の数学科に入り自動車のエンジンに興味を持ち2人は
    トヨタ自動車を受験し合格した。
    あるふぁぽりすと小説家になろうに重複投稿。

    0クル

    カテゴリー内順位1312位 / 4,997件

    ジャンル内順位17位 / 384件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    40代
    その他の要素
    歴史考察
    現代知識
    ヒューマンドラマ
    成長もの
    職業もの
  • 0クル

    カテゴリー内順位1312位 / 4,997件

    ジャンル内順位17位 / 384件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
  • 高橋 雨

    ※ネタバレ含みます!

    人里離れたある丘の上に、たった一本だけ巨大な木が生えている。そこはかつて、首吊り自殺が多発した自殺スポットだったーー。

    売れない小説家の俺は、彼女に振られ、借金も返せず、死に場所を求めていた。
    みんな死んでしまえ。
    こんな終える価値すらないようなくだらない人生は、もううんざりだ。
    この世に絶望して、裏掲示板の噂を頼りにたどり着いたのは、とある山奥の丘の上だった。
    そこで俺が目にしたもの。
    それは、巨大なブロッコリーのような木。
    そして、そこにぶら下がっていたものはーー
    この木にまつわるもう一つの噂。

    本のなる木ーー

    信じられないことに、木には噂通りたくさんの本がなっていたのだ。
    しかし、不思議なことはそれだけでは終わらない。

    「私、地獄から来たの」

    人などいないはずのその場所で、俺は、自称地獄の番人の、不思議な美女と出会ったのだ。

    「あなたを絶対に死なせないから」

    そう言う彼女に促されて、よく分からないまま俺が木に触れると、今までピクリともしなかった本がドサリと落ちて、次の瞬間まばゆい輝きを放った。

    そして、気付けば俺は、過去の世界にタイムスリップしていたのだ。
    俺は本の物語の中に吸い込まれたのだった。

    1冊目は、コンビ二のバイト店員の物語。たった一人で認知症の祖母を養うために朝から晩まで働く高校生が主人公の世界へ。
    2冊目は、中学時代の同級生の娘の物語。いじめられている女子中学生が主人公の世界へ。
    そのどちらも俺の人生が霞むくらいに壮絶なものだった。
    そして、不思議なことにどの物語も俺の過去に関係しているものばかりだったのだ。

    そして、3冊目。
    それは、別れた彼女の由梨の物語だった。

    そこで、俺は衝撃の真実を知ることになる。

    その木になる本の物語は、この木で自殺した人たちの生前の物語だったのだ。

    由梨が抱えていた秘密とは?なぜ、俺の前から姿を消した?なぜ、死ななければならなかった?

    俺は由梨を救うことができるのか。大切な人の過去を変えることができるのか。
    そして、自分の未来を変えることができるのかーー

    0クル

    カテゴリー内順位1312位 / 4,997件

    ジャンル内順位17位 / 384件

    (0)

  • 杜若表六

    『完全な矛盾というものは存在するのだろうか?』

     歪な精神をもった男、宮田の前に詭弁家の盥屋(たらいや)が現れる。「君は、自分が神だと思っている」盥屋は宮田にそう宣告する。部屋をつつむ不気味な沈黙・・・・・・彼らの真の目的とは?

     一方、うだつの上がらない小説家の男は突然、奇妙な恐るべき訪問を受ける。相棒のマネージャー(疲れ気味の青年)とともに、悪魔どもからの逃走を図り、不思議な世界へと消えていく小説家・・・・・・。その秘密とは?

     そして、暇を持て余していた私立探偵、安木四朗(やすきしろう)はその小説家の行方を追うこととなる。深まる謎、混迷極まる捜査・・・・・・。彼の下した決断とは?

     事件を取り巻く様々な人物(神、天使、悪魔、その他)、明かされる過去、翻弄されるそれぞれの物語。果たして、どんな結末が彼らには許されているのか?
     
     あらすじをお読みいただき、ありがとうございます。日々、皆さんのご訪問を大変うれしく思っております。この作品は、個性あふれる登場人物たちが、ちょっと小難しいことを話し合ったり、いきなりふざけたり、突如マジメになったりする、ミステリーも少し入った、ハードボイルド・冒険・ファンタジー群像劇です。わかりやすく言えばごったまぜ小説です。反社会的な言動、事件が一部登場しますが、基本的に残酷な描写はありません。一部、日本神話や西欧芸術のエピソードなども微妙に入っていますが、特定の思想や宗教だけをモチーフにした作品ではありません。まだ完結しておりませんので、内容は多少変化する可能性がございます。いつごろ完結するのか、完結までにどのくらいの分量になるかは判明しておりませんが、通常の長編小説なみの規模になるかと考えております。

     日々加筆修正を行っております。たまに読み返すとちょっとだけ得するかもしれません。大幅に改稿する場合もありえます。

     まだら牛どもが催す、終わることのないから騒ぎをお楽しみください。皆さんのご訪問をお待ちしております。

    0クル

    カテゴリー内順位1312位 / 4,997件

    ジャンル内順位17位 / 384件

    (0)

  • 0クル

    カテゴリー内順位1312位 / 4,997件

    ジャンル内順位17位 / 384件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別