あなたへのおすすめ

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    僕と彼女は体だけの割り切った関係を一年ほど続けていた。彼女はベッドでいつも文庫本を読んでいた。しかし、ある日彼女から掛かってきた電話が僕らの均衡を崩す。「迎えに来て」――呼び出された田舎町に僕が向かうと、彼女は喪服を着て現れた。

    0クル

    カテゴリー内順位1184位 / 5,079件

    ジャンル内順位14位 / 386件

    (0)

  • チョコレート

    マツダシバコ

    チョコレートにはほろ苦い物語がある。
    ある島で戦争が勃発した。
    戦争に巻き込まれた島民たちは、たくさん死んだ。兵士も死んだ。
    でも、いいこともあった。
    死んだ兵士を身ぐるみ剥がせば、金になった。
    それにチョコレート。
    チョコレートは甘い。チョコレートはおいしい。チョコレートは楽しい。
    そして、ちょっと切ない。

    0クル

    カテゴリー内順位1184位 / 5,079件

    ジャンル内順位14位 / 386件

    (1)

    舞台
    海外
  • ハリマオ65

    土志田勇は相模原市川尻で生まれ広い土地を持ちキノコやタケノコ
    、米を植え山菜を採り食糧難の時代にも食べるものに困らず裕福に
    育った。米山種子は両親は共働きの家庭で一人っ子として生まれた。
     米山種子は近くの信用金庫に就職したが計算が合わない日は帰りが
    遅くなるので嫌になり両親の働く会社でセールスレディを始めた。
     母の仕事ぶりを見て愛想が良くし可愛い顔でも注文をしっかり取れ
    、セールス実績を上げていった。
     一方の土志田勇は卒業後、日本電信電話公社に採用されの種子の家
    から近い事務所に通った。仕事が早く終わると種子の家に寄り夕食を
    ご馳走になったりし種子の両親とも仲良くなった。土志田恒夫は日本株
    を売買し小金を貯め、土志田勇が父の恒夫に日本株で儲けたいと言い、
    ソニー、トヨタ株を奨められた。勇はソニーとトヨタの株価を注視
    し、安いと思うと買い始めた。土志田勇と種子は結婚し2子作った。
    その後、腎臓の弱い種子の父、米山建男が人工透析を始め土志田恒夫
    の優しさで2家族仲良くなり米山建男の死後も、面倒を見た。
    死後も旅行したりして人生を楽しんだ。是非、本編をご覧下さい。
    なお、この作品はアルファポリスに重複投稿しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1184位 / 5,079件

    ジャンル内順位14位 / 386件

    (0)

  • 星川亮司

    高校3年生の田中くんの青春と愛と妄想の日々・・・。

    0クル

    カテゴリー内順位1184位 / 5,079件

    ジャンル内順位14位 / 386件

    (0)

  • 橋口武史

    テイク・ミー・トゥ・ザ・クラウド

     クラウド・コンピューティングが高度に進化し、ARが広がりを見せつつある社会。芸能界は激変を迎えた。タレントはクラウド・ビジネスを中心に再編され、プロダクション制度は崩壊した。各クラウドが群れをなし、激しく覇を競っている。そんな中、目的のために手段を選ばぬクラウドが出現した。それは暗殺集団を抱え、敵対クラウドを叩きのめして業界を支配する大クラウドにのし上がった【ヨルムンガンド】だ。その暗殺集団は、ヨルムンガンド・レンジャーと呼ばれている。
     彼らは、表向きはタレントとして華やかな姿を見せる一方、裏において暗殺を含む闇稼業を行っている。それこそ、社会にひっそりと鮮烈に生きる現代の忍たちの姿なのだ。忍者といえば、本来は名も知られぬ日陰者。だが、芸能界の忍たちは表でタレントとして脚光を浴びつつ、陰にも潜む二重生活を送っていた。
     そんな中、ピアノ線とピン札手裏剣を武器として暗殺を行うヨルムンブラックの加東ルミ江は思った。
    「……もう沢山」
     ルミ江が抜け忍を決意したその瞬間から、彼女は業界のどこかに潜んでいる他の四人のヨルムンガンド・レンジャーとの対決を余儀なくされた。ルミ江を追う忍の正体は分からない。だが全てがタレントであり、九ノ一である。こうして加東ルミ江の、タレント業を営みながらの果たし合い、激闘に次ぐ激闘の日々が始まった。

    カクヨムにて公開中。

    本を出しました。
    「音魂よ、舞い上がれ! ① 天宇受売ノ命の岩戸開きフェス編」アセンド・ラピス
    2019年2月25日発売です。

    0クル

    カテゴリー内順位1184位 / 5,079件

    ジャンル内順位14位 / 386件

    (0)

  • すずめ

    マツダシバコ

    私は主体性がないってよく言われる。
    自分の意見をはっきり言わないで、人に流されてばかりだから、きっとエイズにかかってしまったのだ。
    頼まれると嫌といえない。客の要求するプレイはどんどんエスカレートしていく。
    私は嫌と言えない。言いたいのかもわからない。
    私はすずめのように大衆に紛れて、生きている。

    0クル

    カテゴリー内順位1184位 / 5,079件

    ジャンル内順位14位 / 386件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    レイティング
    R15