あなたへのおすすめ

  • 譜楽士

    魔王の娘、アイリーンは人間界の推理小説を読んで思った。

    「探偵になりたい!」

    探偵に憧れ、お嬢様は謎解きを始めた。まず舞い込んできたのは魔王城で起きた連続殺人――いや、連続殺モンスター事件。
    ダークエルフの執事(助手)を巻き込み、アイリーンは推理を進めていく。サイクロプスを、ドラゴンを、そしてスケルトンを殺したのは誰か。
    「犯人は――この中にいる!」 一度は言ってみたいこのセリフを、お嬢様は言い放つ。

    ※作者はバリバリのワトソンです。ノリと雰囲気を楽しむ、いい意味で『頭を使わないミステリ』を目指しました。一緒に「な、なんだってー⁉」と言っていただければ幸いです。一話一話も短め。

    0クル

    カテゴリー内順位1092位 / 5,814件

    ジャンル内順位6位 / 78件

    (0)

    主人公の性別
    主要登場人物の属性
    魔王
    モンスター
    その他の要素
    剣・魔法
    サスペンス
    推理
    暴力・流血描写あり
  • 邪神 白猫

    1人の少女に魅了されたことで、徐々に狂ってゆく幼なじみ……。
    独占欲 嫉妬 僻み 妬み その醜さは、一番人間らしい感情なのかもしれないーー


    ※※※


    小学生の頃から仲の良かった、夢 優雨 朱莉 涼 奏多 楓の6人。
     
    ーー小学5年の夏。林間学校で行った先で起こった“ある出来事”。それは、仲の良かった6人の関係を大きく変えてゆくこととなる、きっかけにすぎなかった。

    高校進学を機に、抑えきれなくなった未熟な感情は徐々に暴走し始め、崩れてゆく人間関係。
    目に映る景色は、果たして本当の真実なのかーー?

    人と同じ景色を眺めていても、そこに映る景色が必ずしも同じだとは限らない。

    それに気付いた時ーー真実は姿を表し、狂気の微笑みを浮かべる。
     
    抑えきれなくなった感情の、行き着く先とはーー?



    ※※※

    私はただ、いつまでも変わりたくなんてなかった。

    そう思っていたのは、私だけだったのかもしれないーー

    0クル

    カテゴリー内順位1092位 / 5,814件

    ジャンル内順位6位 / 78件

    (0)

  • 泉樹

    クラスの日陰者である柊幸多郎は誰にも言えない悩みを胸に抱えていた。自分に告白した武島綾香が、その日の晩に自殺したのだ。遺書には「将来に希望が持てなくなった」と書かれており、幸多郎はひょっとして自分があの時告白の返事をしなかったことが彼女を死に駆り立てる引き金になったのではないかと、その事を誰にも言えずに悶々と日々を過ごしていた。そんなある日、幸多郎はアルツハイマーを患い入院している祖母から夜間学校の探偵の話を聞く。老人の戯言だと切り捨て切れず誘われるように夜の母校を訪れた幸太郎は、自身を吸血鬼と名乗る探偵、朝霧陽子と出会うのだった――!

    0クル

    カテゴリー内順位1092位 / 5,814件

    ジャンル内順位6位 / 78件

    (2)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    学校
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    中学生
    その他の要素
    推理
    シリアス
    ダーク
    グロテスク
    反社会的描写あり
  • 夜神颯冶

    コールセンターに記録された音声。

    流れるのは会話だけ。

    セリフだけで進むラジオ小説です。

    あなたはそこから真実を読み取く事が出来るか。



    セリフだけの小説。
    リアルフィクション犯罪ミステリー。
    https://novel.daysneo.com/sp/works/54e878ae47068d2649e288833d7c4c66.html

    0クル

    カテゴリー内順位1092位 / 5,814件

    ジャンル内順位6位 / 78件

    (0)

  • 【妖界】異世界に来てまで、事件に巻き込まれるなんて何かが間違っている!!【バラバラ死体】

    矢口ホワイト

     主人公である【悠】は、日本人によくみられる『同調圧力』の精神性について疑問を抱き、日々過ごしてきた。
     悠の幼馴染の【芽衣】は、現代社会の『科学主義』に不満を抱き、生きていた。
     その二人が、些細なきっかけで異世界まで転移し妖怪、神、天使や悪魔、妖精が普通に認知されている世界で1週間過ごすことになった。
     その世界は、芽衣の理想である現代科学にはない『非現実の存在』があった。

     そこで、とある事件が起こる。
    『バラバラ死体』
     悠と芽衣が滞在している【妖館】の従業員が何者かに殺されていた。

     芽衣は事件を解決するために、妖館にいるみんなにアリバイ聴収を行う。悠はそれにしぶしぶ付き合い、一緒に事件の整理する。

     情報が集まり、事件の真相が見えた時、あたりの雰囲気が怪しくなる……
     辺りが真っ暗になり、物音ひとつしなくなる。
     すると遠くから聞こえてくる、木の扉の破壊音や悲鳴。
     破壊音
     悲鳴
     その音は徐々に大きくなり、犯人が悠と芽衣に近づいていることがわかる。

     その状況に、悠の正常な思考ができなくなるが、芽衣はひどく落ち着き、犯人が近づいてきたときに部屋のドアを開け、外へ出て行ってしまう。
     真っ暗な部屋の中、ただ一人取り残された悠は、自分を落ち着かせながら待っていたが、とうとうドアを破られてしまう。
     犯人の顔は見えないが、手に持っている凶器は見える。
     ナタ
     悠は、それでバラバラ死体を作り、ドアを破ってきたのだと直感的にわかる。

     犯人が振り下ろす凶器………… 
     悠は自分の体にそれが侵入していくところを目にしっかりと焼き付け、暗転。

     目を覚ますと、無傷の悠と芽衣がいて、事件解決編に突入!

    気が付くと芽衣がいて、事件解決編に突入し、悠は何もせずに事件が解決されてしまう。

    0クル

    カテゴリー内順位1092位 / 5,814件

    ジャンル内順位6位 / 78件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    少女
    大学生
    幼馴染
    妖怪
    その他の要素
    日本→異世界
    推理
  • それでも私は幸せだった

    あさみ

     父の経営しているパチンコ店で働く岡田 久美は、フィットネスクラブで林 正人という男性と知り合い、お互いに好感を持つようになる。久美には亜美という名前の妹がいて、別のパチンコ店で働いていた。

     ある日旅行に行った亜美が突然行方不明になる。久美は正人に協力を求め、得られた情報を元に二人で妹を探すが、見つからなかった。その亜美は旅行先で不慮の事故に遭い、過去の記憶を失っていたのだった。

     亜美は退院後、助けてくれた佐々木 健太という男性の家に引き取られ、新たに佐々木 美幸という名前に変わる。そして健太の両親が経営する旅館で働きながら、ひとつ屋根の下で暮らしている内に、彼と相思相愛になる。一方、久美と正人も妹を探しているうちに、愛し合うようになった。

     妹が失踪してから十二年後、姉の久美は新たに掴んだ情報を元に、妹を探しに出掛ける。果たして亜美は見つかるのだろうか?そして記憶は戻るのだろうか?

    0クル

    カテゴリー内順位1092位 / 5,814件

    ジャンル内順位6位 / 78件

    (0)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    30代
    主要登場人物の属性
    OL/サラリーマン
    主婦
    その他の要素
    純愛
    ドラマチック