あなたへのおすすめ

  • 解田明

    いまだ戦国の気配くすぶる寛永年間、三代徳川将軍家光の治世。
    そのお膝元では、怪忍者集団逆卍党が跳梁跋扈していた。

    現われたのは超絶美麗の剣客、夢見客人――。

    陰謀、謀略! 剣術、妖術、忍法! 百花繚乱入り乱れての大活劇!
    悲運の姫君の秘密を巡り、蠢く妖人魔人の群れ。
    対するは凄腕揃いの暇人たち。
    魔を斬り闇を断つ、妖刀御世継ぎ殺し村正の一閃!

    大江戸時代伝奇痛快娯楽エンターテイメント、ここに開演!!

    0クル

    カテゴリー内順位1510位 / 6,931件

    ジャンル内順位38位 / 130件

    (0)

    時代
    中世
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    美形
    その他の要素
    歴史考察
    策略・陰謀
    暴力・流血描写あり
  • 響 恭也

    織田信長が没して約400年、日本は混乱の巷にあった。そんな日本に彗星のように現れたのは、喜多川信隆。先祖たる織田信長の記憶を継ぐ彼は、弟たる秀隆の助力を得て弱冠35歳で内閣総理大臣の座に就くのであった。

    0クル

    カテゴリー内順位1510位 / 6,931件

    ジャンル内順位38位 / 130件

    (1)

    時代
    現代
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    30代
    その他の要素
    チートなし
    内政
    策略・陰謀
  • 匿名

    私が、ネタニヤフに関し思うのは、彼は、まあ、大統領である。自分が、殺したいから、ガザ地区の人を殺しているのか、それとも、イスラエル人とか、他のユダヤ教徒の、代表として、彼らを殺す様に決定しているのか、どちらなんだろう という事である。預言者は、他人の話を聞くものである。ので、預言者は、他人の意思を実行するものであろう。もし、ネタニヤフが、預言者風のキャラクターであるなら、彼の意思に反し、ユダヤ教徒の意思を持って、ガザ地区の人々を殺しているのであろう。もしそうなら、ネタニヤフを、暗殺しようと、解雇しようと、ガザ地区への虐殺は、止まる事はない。新たな預言者が、ユダヤ教徒の意思を、実行するだけである。一方、もし、ネタニヤフの意思で、殺しているのなら、彼を殺せば、止まるかも知れない。さあ どちらだろう。もし、ネタニヤフが、自分の意思で、行動しているなら、彼は 預言者 というよりは、王なんだろう と 思う。おそらく前者であろうと思う。ガザ地区の人々が、救われる手段は、全面降伏しかないのかも知れない。しかし、全面降伏したものに対し、ユダヤ教徒が、投降させるシステムを持っていると思えない。じゃあ、彼らは、外国に逃げるしかないと思う。彼らの逃げ道を作らないといけない。あそこに、イスラエルの植民地を作らせたのは、イギリス人である。イギリス人には、ガザ地区の連中を、避難させる義務があるし、もし、ガザ地区から、イスラム教徒や、アラビア人や、異邦人・・・非ユダヤ教徒 が 全員いなくなれば、イスラエル人や、ユダヤ教徒の、悲願も成就するのである。イギリスは、当初の計画を、完結させるべきだ。と 同時に、ガザ地区にいる異邦人を、逃れさせないといけない。まあ、もし、ガザ地区の異邦人が、全員いなくなったら、他に彼らは、手を出すかも知れないが。どこまで増長する、ユダヤ教徒。ただ、さしあたっては、ガザ地区である。その次の問題が起こったら、その時に考えればいい。

    0クル

    カテゴリー内順位1510位 / 6,931件

    ジャンル内順位38位 / 130件

    (0)

    時代
    現代
  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    信州追分宿で飯盛女として春をひさいでいたおせんは、馴染客から知恵を受けて飯山まで逃亡したが行き倒れになった。お爺さんが町からの帰りに、寒かろうと雪まみれの地蔵さんに笠をかぶせた。翌朝、お礼に地蔵さんが運んで来たのは、息絶えだえのおせんと米三俵だった。お爺さんとお婆さんは…

    1クル

    カテゴリー内順位1145位 / 6,931件

    ジャンル内順位29位 / 130件

    (1)

  • 星川亮司

    慶長20年(1615)豊臣と徳川の天下を分けた決戦大坂夏の陣を生き残った豊臣方のキリシタン明石全登(あかしてるずみ)は豊臣秀頼の遺子国松と共に落ち延び、過ってキリシタン大名高山右近が治めた播磨の国明石へ潜伏した。

    一方、徳川家康の天下が定まった西国の要、播磨の国では、円明流の剣豪宮本武蔵が、姫路藩城主・本多忠政に招かれて藩道場で稽古をつけていると、支藩の明石領内でキリシタンたちの暗躍が始まっていると知らされ剣豪武蔵は立ち上がった。

    豊臣再興、キリシタンの天下を目的に明石全澄率いるキリシタンは、明石を治める小笠原忠真家を揺るがす明石の乱をおこす。明石全澄はサタン率いる五大悪魔の力をかりて不死身の巨人たちを率いて反乱をおこすのだが、沢庵和尚の力をかりて魔封じの刀、了戒を手にいれた宮本武蔵が撃退した。

    それから20年の歳月が流れた――。2章島原の乱へつづく。

    0クル

    カテゴリー内順位1510位 / 6,931件

    ジャンル内順位38位 / 130件

    (0)

    時代
    中世
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    40代
    50代以上
    主要登場人物の属性
    傭兵
    宇宙人
    その他の要素
    戦争・戦記
    主人公最強
    ヒストリカル
    歴史考察
    策略・陰謀
    暴力・流血描写あり
  • こまめ

    甲斐の虎という異名を持ち、諸国より恐れられた名将、武田信玄。
    その影には、数多の策で敵を打ち倒し、かつて信玄と共に天下を夢見た一人の男がいた。

    彼の名は山本勘助。
    その武功から『武田の鬼』と呼ばれた彼の正体は、
    なんと現代から転生を果たした《ごく普通の一般人》だった。

    社会人として何気ない一日を終えた彼は、突如武人として乱世に目覚める。
    そんな彼は如何に生き、何に希望を見出したのか。

    これは、転生の見返りに与えられた三つの術(スキル)を使い、かつて生きた太平の世を夢見ながらも、《歴史》という大きな運命に抗おうと奮起する、そんな男達の物語。

    1クル

    カテゴリー内順位1145位 / 6,931件

    ジャンル内順位29位 / 130件

    (0)