あなたへのおすすめ

  • 僕の名は。

    おねこ。

     金色の目を持つ種族、金色一族はその特殊な目を持つことから人々に忌み嫌われ。
     そして、その瞳は魔力を上げる強力なアイテムであることから魔力増殖機として……
     また、その美しい瞳は、美しいものであることから高級品として扱われることも多い。
     金色一族の瞳を取るため、沢山の盗賊が襲いに来た。
     しかし、金色一族はその強力な魔力で返り討ちにしていた。
     それがため、金色一族の瞳は、さらなる価値が着いたのだ。
     金色一族が、旅に出かけるときぐるぐるメガネを寄与する儀式が行われる。
     それは、真実と偽りを見分けれる不思議なメガネだ。
     金色一族は、お人好しですぐに人を信じてしまうモノが多く最初から武器を持ったものには強いが……
     武器を持たず騙そうとするモノには弱く、金色一族は何人かの同胞を失っている。
     そんなある日、ひとりの旅する金色一族の若者が禁書に触れる。
     するとその若者が来た世界は自分がいた世界と全く別の世界だった。
     若者は異世界に来た衝動で自分の持っていた100を超える武器と名前、そして記憶を失ってしまう。
     何も知らない若者は、全てのことがわからない。
     気づいたときには、奴隷商人に捕まり売られようとしていた。
     若者は、そこで異世界のインテリジェンスソードの狂音と出会う。
     若者の姿に一目惚れした狂音は、名も忘れた少年にフェニーチェという名前を授ける。
     フェニーチェにはひとつだけわかっていることがあった。
     それは、失った武器を取り戻したとき記憶が戻るということだった。
     フェニーチェは、失った記憶と武器を探すために狂音と共に新たなる大地にて旅を続ける。

    0クル

    カテゴリー内順位1255位 / 4,706件

    ジャンル内順位832位 / 2,454件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    その他の要素
    剣・魔法
  • 信条

    無色透明の味気ない生活を送る居酒屋パートタイマーの青年〝甘巻誠磨〟。

    彼が生誕して23年目の初夏、サボり魔達の代わりを務めて働き過ぎたツケにより一番忙しい週末3日間を先輩の命令で休まされる。

    そんな幸先の悪さに早くも夏を諦めたが、昼間に目覚めた途端テーブルの上にある一点へと目線が吸い寄せられる。
    その先には買った覚えのない、極彩色な柄で食欲が湧かない謎の缶詰1つが置かれていた。

    恐る恐る開封すると、そこから謎の人体らしきモノが質量保存の法則を無視して誠磨に目掛けて飛び出すーー

    0クル

    カテゴリー内順位1255位 / 4,706件

    ジャンル内順位832位 / 2,454件

    (0)

    時代
    現代
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    少女
    天使
    その他の要素
    超能力
    TS/性転換
    暴力・流血描写あり
    レイティング
    R15
  • 戸部家 尊

    どこにでもいる日本人・諭吉はいつものように高校へと向かう途中、異世界に召還されてしまう。異世界の大国「ホレスカール王国」が、『リターナー』という怪物と戦わせるために呼び出したのだ。

    召還された異世界人は特別な能力を身につけることができるのだが、諭吉には魔法も戦闘力もなく、
    いつでもどこでも一瞬で着替えられる『早着替え』のスキルのみ。

    役立たずと王宮から追放された諭吉は、辺境にある王立イースティルム学院に生徒として潜り込む。

    学院生活を送りながら、元の世界へ帰る方法を探す諭吉に様々なトラブルが舞い込んでくる。
    悪辣な教師のイヤガラセや、校長からの無理難題、そして『リターナー』の魔の手を、役に立たないと周囲から思われていた『早着替え』で乗り切っていく。

    ※タイトル詐欺です。
    ※R15は保険

    1クル

    カテゴリー内順位935位 / 4,706件

    ジャンル内順位648位 / 2,454件

    (0)

  • 英雄は受付に。

    北国の杏

    かつて神と精霊が造ったと言われるこの世界___。
    魔法、スキル、精霊、様々な生物や種族、名前のない何かだって存在している。

    けれどこの世界に住むもの達は共存してきた。
    古から今日まで歴史を共に創ってきた者として。

    その中でも特に間に立ってきたのギルド。
    人と人、人と人ならざる者達を遥か昔から繋げてきたのである____。


    そしてインスワール王国と言う名の国に住む、主人公ジグロ。
    冒険者達から軽視されているギルドの受付という職業で働くジグロには秘密があって……。

    0クル

    カテゴリー内順位1255位 / 4,706件

    ジャンル内順位832位 / 2,454件

    (0)

  • Yuyu*

     はじめまして、マホです。

     これは残念ながら本名でないけど、現在はこれ以外の呼び名はないから気軽に呼んでくれると嬉しいかな。
     自分の記憶はないはずなのに、この場所で見るものにはなぜか見覚えがある。
     ただ、それらに触れることはすべて初めてな気がして、混乱の日々だな。
     唯一、しっかりと気がつけたことと言えば、自分が――男だった可能性があるということ。
     だけど、それすらもかっこたる証拠は見つかっていないから、わからない。

     一先ず、今はこの村の人達や、つっかかってくるあの子とかあの人達と騒がしくもどこか静かな日々を送っているよ。
     もしも、君も一時的に預かって欲しい魔物や、知り合いの魔物で静かに暮らしたいという人がいたら是非うちにきてくれると嬉しいな。

    0クル

    カテゴリー内順位1255位 / 4,706件

    ジャンル内順位832位 / 2,454件

    (0)

  • 風鈴弘太

     主人公ロイは、五人パーティー『白銀の餓狼』に所属する精霊術師だった。『白銀の餓狼』がSランクパーティーになったことをきっかけに、彼はパーティーを追放されてしまう。

     精霊と契約できない『無能の精霊術師』の烙印を押され、今までの努力を全て否定されたロイ。
     失意に暮れ、打ちひしがれた青年は、迷い混んだ森の中で運命的な出会いをした。今にも殺されそうだった二人の精霊の少女を助けたことで、ロイは《多重契約》という隠されたスキルを発現させる。
     それは、本来精霊一人としか契約できない精霊術師が無制限に精霊と契約できるという最強スキルだった。
    ――今度は『本当の仲間』を見つけよう――
     そう胸に秘めて、ロイは個人冒険者として、もう一度冒険を始める。

     一方で白銀の餓狼のメンバーは知らなかった。彼らが『無駄だ』と切り捨てたロイの存在が、どれだけ大きな恩恵をもたらすしていたかということに。縁の下の力持ちであったロイの存在を失ったことで、パーティーは徐々に、内側から崩れていく。
     
     これは、最強のパーティーに追放された青年が、本当の仲間を見つける物語。

    0クル

    カテゴリー内順位1255位 / 4,706件

    ジャンル内順位832位 / 2,454件

    (0)

    舞台
    異世界
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    妖精
    その他の要素
    剣・魔法
    異能力バトル
    チート
    戦闘チート
    俺TUEEE!
    主人公最強
    ハーレム
    レイティング
    R15