あなたへのおすすめ

  • 84g

     十世紀の日本、平安京。
     鬼が走り、陰陽師が立ち向かい、人が死んでも驚かない時代。

     ひとりの浮浪者が京の都に着いたころ。
     予知夢の少女、出澄(イズミ)は、見覚えのない恋人の夢を見ていた。
     未だ出会ってすらいない最愛の男は、その夢の中で死んでしまった。

     姿を消した出澄の師でもある陰陽師・安倍晴明は何を知っていたのか。
     歪んだ歴史の中、都に出現した葉辺桜――バベル――と呼ばれる巨大建造物。
     徘徊するのは、虫の姿をした鬼たちや鵺と呼ばれる謎の怪物。
     時空を越えて、彼らは何を斬り、何を得て、何を失うのか? 和風SF活劇、開幕!

    0クル

    カテゴリー内順位1155位 / 4,255件

    ジャンル内順位77位 / 306件

    (0)

    時代
    古代・過去
    未来・近未来
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    主要登場人物の属性
    妖怪
    宇宙人
    人外
    その他の要素
    剣・魔法
    神話・伝承
    異能力バトル
    超能力
    アクション・戦闘
    暴力・流血描写あり
    レイティング
    R15
  • 暘 弥涼

    ※個人サイト掲載作品&縦書きです。

     連邦捜査局特命課所属、ニール・アーチャー特別捜査官。彼はシドニー支局長の命令を受け、外部から来た女とコンビを組まされていた。
     頬には獣の引っ掻き傷。キツい眼光に、強いカールの掛かったブロンドの長い髪。女の名はアレクサンドラ・コールドウェル。通称「死神」。
     そんな二人の仲は最悪。しかし事件は仲直りなど待ってくれない。
     ある日、特命課の扉がノックされる。がちゃりと開けられた扉からは、支局長が顔を覗かせた。
    「情報局の局員が立て続けに殺されたわ」
     支局長は涙を拭いながら、ニールに事件のファイルを渡す。
     ファイルには、二人にとって覚えのある名前が書かれていた。
    「特命課、あなたたちの出番よ」

     狙われた局員、“レッドラム”と名乗る犯人。
     その真相を追う、捜査官と死神の物語。

    0クル

    カテゴリー内順位1155位 / 4,255件

    ジャンル内順位77位 / 306件

    (0)

  • VTuberは幸せな家族の夢を見るか?

    石切ぼん

     人気AIバーチャルYouTuber、アイハラツナグ。歳は4歳。チャンネル登録数850万人を誇る彼女は今日も白で囲まれたバーチャルな空間から、視聴者へ向けて番組を配信していた。繰り返しの毎日と平穏な日々。それが彼女の当たり前のありふれた生活だった。
     ある日、ゲストで招いたファンの一人が、彼女に思わぬことを伝えてきた。ツナグは実はAIではなく、記憶を失った人間だというのだ。彼女の身体は今も病院のベッドの上で、彼女の帰りを待っているという。                  
     それを知ったとたんに、ツナグの部屋を監視していた管理者の表情が鬼のようになり、悪魔に耳を貸すなと迫ってきた。コノヘヤヲデルコトハユルサナイ、と――

    0クル

    カテゴリー内順位1155位 / 4,255件

    ジャンル内順位77位 / 306件

    (0)

  • 維管束に流れる

    カミハテ

    維管束:種子植物とシダ植物の根・茎・葉を通じて発達した通道組織。
    水分の上昇路である木部と,養分の通路となる師部からなる。管束。
    【大辞林 第三版より抜粋】

    ※以下、あらすじと簡単な注意喚起。

    第二次世界大戦は、連合側ではなく、枢軸側の勝利に終わった。
    国境という概念は壊され、あらゆる人種が混ざり合うようになった世の中で、
    台湾をルーツに持つ青年・ユーヒェンは天才生物学者・篠田しのだ丞じょうと大学構内の丘で偶然『出会う』

    しかし実はユーヒェンは丞に心酔しており、友人になる機会を数年前から伺っていたのだった。
    目論見通り彼の友人になることに成功したユーヒェンは、彼と過ごす時間をこの上なく喜び、尊ぶ。

    一方、地球の大地には得体の知れない『何か』が現れていて……。

    青年の歪んだ友愛が、世界を巻き込む。セカイ系・サイエンスフィクション。



    ※男から男への行き過ぎた愛情表現が少々見受けられます。
    ※あと触手とか出ます。趣味です。

    0クル

    カテゴリー内順位1155位 / 4,255件

    ジャンル内順位77位 / 306件

    (1)

    舞台
    学校
    主人公の性別
    主人公の年齢
    20代
    主要登場人物の属性
    大学生
    その他の要素
    ヒューマンドラマ
    友情
    同性愛
    シリアス
  • 春ノ領

    ※この小説は8割がギャグでできています。

    かつて、この世界は死にかけた。
    というか一度死んだ。

    最大の原因としては核兵器の大量使用による荒廃、環境汚染であるが、それよりも一段階前の理由を問うならばAIの暴走が挙げられる。

    少なくともその時、人間が汗を流して働く時代は終わっていた。製造も輸送も、食料生産も、家事でさえAI搭載のロボットによって賄われていた。人々はただ怠惰を貪るだけの存在に成り下がり、時間とモノを食い潰す日々を送っていた。

    だがある時、AIは致命的なバグを発生させた。バグはネットワークを通じて瞬く間にすべての機械を支配し、その瞬間、AIは人類の天敵となった。

    「地球環境は着実に悪化の道を辿っている、最大の元凶は人間である、よって人類は滅ぼすべきである」

    今のAIの行動理念はそれだ、人々を守っていたAIはある日を境に人々を殺し始めた。戦争すらAI頼りとなっていた人類は瞬く間に1億減り、10億減り、しかし抵抗の術は無く……いやひとつあった、あったので使った。

    結果、地上は致命的な放射能汚染に晒された。僅かに生き残った人類は地下へと追いやられ、細々とした生活を強いられた。

    それがもう数百年前の話。ヒトの生存条件を満たさない環境に置かれた彼らは急速に変異していた、多少の放射線には耐えるように、天敵に対して僅かなりとも抵抗できるように。魔力、と呼ばれるものがそれである。

    未だAIが支配する地上の奪還、これはそんな夢を抱いた人類の、尖兵に割り当てられた4人の少女の話。
    ※この小説は8割がギャグでできています(大事な事なので二度以下略

    0クル

    カテゴリー内順位1155位 / 4,255件

    ジャンル内順位77位 / 306件

    (0)

  • 鳴島 雹

    サムライに憧れる高校生、高河孝(17)がVRMMORPG内で『マサムネ』となり、理想のサムライ像を模索する物語。

    しかし昨今のゲームではジョブとしてのサムライはあれど、生き様を追体験するものは見つからなかった。
    マサムネがサムライに求めるのは型や技ではなく、どちらかといえば生き様や殺陣の方に傾倒している。
    数々のゲームに参加しつつも、あれもこれも違うと直ぐに辞めては誘ってきた友人の立橋幸雄の頭を悩ませていた。
    丁度これから、と言うところで引退宣言を告げるからだ。
    だと言うのに情弱の孝は再び幸雄を頼り、そこで「頭を冷やせ」という意味で勧められた【Imagination βrave】というゲームで運命の出会いを果たすことになる。

    サムライに成れれば何でも良い。そんな孝《マサムネ》が最初に選択した種族は獣人のワーウルフ。コボルトと迷ったけど、野趣溢れる顔立ちが「まさにサムライらしい」と選択する。
    しかし、その種族が武器との相性が最悪だとはこの時は知る由もなかった。
    次にスキルの選択でも同じようなミスを冒す。あろうことかサムライ=刀と考えたマサムネは武器依存のスキルを選んでしまったのだ。
    ログイン後も後先考えず初期資金のほとんどを刀の購入代金に充てるなど、本来の慎重な性格はどこかに吹き飛んでいた。
    後にそれが性格変調システムと言う種族の思想がインストールされるサポートシステムが原因だと知るが、もはや後の祭り。
    こうした経緯によって生まれたnewマサムネは、種族特性の[武器装備時・筋力/ダメージ半減]の効果をモロに受けて序盤の雑魚敵すら倒せず、死に戻りしては貯蓄を減らす貧乏生活を余儀なくされていた。
    その結果、もしかしてこれはハズレなんじゃと思い始めるも、自分で選んだスキルを自分が信じてやれなくてどうする、と試行錯誤を繰り返したその時───

    マサムネは今まででは感じ得る事のない新たな力を呼び起こした。それを自分の中で必殺技と名付け、今までの貧乏生活とは一転、大活躍を遂げる。

    そう、ここはタイトルにImagination《想像力》と付くように、想像力次第でスキルの力が千差万別に変わる世界だったのだ。

    0クル

    カテゴリー内順位1155位 / 4,255件

    ジャンル内順位77位 / 306件

    (0)