あなたへのおすすめ

  • サザンテラス

    虎洞堅弥(こどうけんや)は普通の学校生活を送りたかった。普通の人の様にただ青春をしたかった。しかし生まれつきの目付きの悪さから、他人から距離をおかれていた。その目付きの悪さから人助けをしても逃げられる始末でもう散々だった。そんなある日何時ものように喧嘩をしていたら突然この世界の神に異世界に行かないか?と言われた。そこでなら理想の学園ライフを送られるかもしれないと聞き堅弥はスキルを貰い異世界に旅立つことにした。
     これは物理最強のスキルを持った元間違われヤンキーが学園ライフを満喫し、ついでに異世界最強となる。

    0クル

    カテゴリー内順位1090位 / 5,814件

    ジャンル内順位674位 / 2,923件

    (1)

  • 藤孝剛志

     最強を決める戦い、神滅大戦に聖女ニルマは勝利したが、人類は滅亡寸前になっていた。
     戦うべき敵と守るべき信徒がいなくなったニルマは、いつか世界が復興することを夢見て眠りに付く。
     そして五千年。
     目覚めてみれば、ニルマたち聖職者は後衛からちょろちょろと回復魔法を使うサポート役として軽く扱われるようになっていた。

    「回復してる暇あったら、殴れば?」

     これは、とりあえず殴ればなんとかなると思ってる聖女様が、変わり果てた世界で無双するお話。

    66クル

    カテゴリー内順位118位 / 5,814件

    ジャンル内順位84位 / 2,923件

    (3)

    主人公の性別
    その他の要素
    俺TUEEE!
    主人公最強
    出版化
    書籍化作品(予定含む)
  • この異世界で、転生幼女は何を願う 〜TS幼児エルフは”おむつ”がとれませんっ!〜

    しろ

     この俺の人生日記を読んでくれてありがとう。君は数々の蔵書の中から選ばれた人だね。俺の名前はアリシア、よろしくな。

     風変りなこの世界で、第二の人生を歩んでいる男だ……。正確には、男の部分はこの意識だけなんだ。

     外見は、誰が見ても間違えようのない、超絶可愛い美幼女だ。三歳なのに、いまだにパンツとおむつを行ったり来たりしているが、気にしないでくれ。なかなか自分の思い通りに身体が馴染まなくて、歯がゆい思いをしているんだ。

     とは言え、俺は、この第二の人生が嫌いじゃないよ。成績優秀、聖女と崇められる麗しいお姉ちゃんや、大魔法を操る美人なお母さん。筋肉隆々、頭も筋肉かと思えば、頭もキレる優しいお父さん。さらに、何でもこなす綺麗なメイドさん達が周りにいるんだ。嘘みたいだが、この俺も含めて、家族全員エルフなんだぜ。

     おまけに、エルフの王女様や、純潔の百合魔王様とも、お風呂に入ったり、添い寝したりと親しくさせてもらっている。

     俺は、家族やたくさんの仲間に愛されながら、スクスク成長しているから、ずっとこのままで良いと思っているのさ。元の世界に帰りたいなんて、微塵も感じた事がない。

     まぁ、一見平穏そうに聞こえるけど、命を狙われる危険な目にも度々遭遇したけどね。世に言う、チートだとかギフトみたいなものを俺も使えるけど、これがまた使いづらい。肝心な時しか使えない上に、命まで削ってきやがる。この力のおかげで、俺は危機を脱する事が出来たんで、文句は言えないがな。

     そんな力に頼らなくても、俺はチート級の両親の子供だ。多分、成長すればかなり有能な能力者になれると思っている。

     なれなかったら? そんな先の話は分からんね。俺がどうなっていくのか、この綴られる日記に新しいページが生まれるまで、期待して待っていてくれ。あぁ、そう言えば、この日記で、俺は自分の事を気取って「自分」って呼ぶようにしているが、そこは愛嬌って事で。
     
     おっと、そろそろ俺の女児ボディが覚めそうなんで、この辺で失礼するよ。長い俺の人生日記だけど、いろんな思いが詰まっているんだ。 
     
     君が、最後まで読んで、この俺と分かち合ってくれる事を願っているよ。

     それじゃ、この先で! またな!

    10クル

    カテゴリー内順位300位 / 5,814件

    ジャンル内順位206位 / 2,923件

    (0)

  • 清水 幸

     西暦2080年、妻のねねが最期のときを迎えようとしていた。50年連れ添った妻が死を迎える前に、夫である西浦創は一つの決断を下した。
     創とねねは72歳。結婚してちょうど50年目。だが二人が出会ったのは60年前の二人が中学一年のときだった。二人はクラスメートだった。二人は惹かれ合い、幼い愛を育んだが、ねねには不思議な能力があり、それを気味悪く思った創がねねを見捨てる形で二人は別れてしまった。
     その別れを後悔して、創はねねを必死に探して、西暦2030年、創が大学を卒業し会社に入社した年にねねと10年ぶりに再会した。再会したときねねは彼女の母親と同じく風俗嬢となっていた。二人はその後結婚したが、創はねねと離れ離れになった10年間を、そして妻のかつて風俗嬢であった悲しい過去をなかったことにしたいとずっと思っていた。それは一番にはねねのためであったが、創の贖罪のためでもあった。
     ねねの余命がわずかになったことが分かって、創はかねてから胸に温めてきた計画をねねに打ち明ける。創はねねの不思議な能力の力を借りて、60年前の西暦2020年の世界へと旅立つことになった。
     ねねの悲しい日々をなかったことにするために。72歳の創は西暦2020年の世界で12歳の自分自身と出会う。12歳の創がねねとつないだ手を決して放さないようにするために、老人の創は中学生の創に、当時は嫌われ者だった戸川ねねがどれだけ将来の自分にとって必要な存在となるか、心を込めて話すのだった。
     中学生の創は戸惑いながらも、いじめっ子たちからねねを守ろうとするが――

    0クル

    カテゴリー内順位1090位 / 5,814件

    ジャンル内順位674位 / 2,923件

    (0)

    時代
    現代
    未来・近未来
    舞台
    日本
    主人公の性別
    主人公の年齢
    10代
    50代以上
    主要登場人物の属性
    少年
    少女
    その他の要素
    転移・トリップ・召喚
  • Suger

    「あなたには生きいてほしい」

     とある少女に託された命と一つの魔法。しかし、それは少年にとって呪いにも等しかった。
     その魔法を胸に、少年は人と化け物の間で葛藤する。

    「僕は人だ。化け物なんかじゃない」

     一人の少女は言った。

    「あなたは人ですよ。世の中には同じ人間であっても人間とは思えないような人たちだっていっぱいいるんです」

     その言葉に少年は救われた。

     人ではないからこそ、誰よりも人でありたいからこそ、少年――ユウ・ネーヴェは生きていく。
     自分が人間であるということを証明するために。

    0クル

    カテゴリー内順位1090位 / 5,814件

    ジャンル内順位674位 / 2,923件

    (0)

  • s_stein

    高校一年の僕と幼馴染み三人と黒猫が乗った観光バスが事故に遭って、全員が異世界に転生し、なぜか僕たちは12歳から、黒猫は子猫から人生を再スタートした。(後日、こっそりついてきた幼馴染み二人も事故に遭って五人いたことが判明する。)
    僕たちは最初から魔力等各種スキルの潜在能力が異常に高く、異世界の国々から狙われた。
    入学した魔法学校では、学校を牛耳る魔法ファミリーの序列九位から一位まで、強敵を次々と撃破した。

    この活躍のおかげで、隣国から魔王討伐の話が舞い込み、超弩級の魔王を倒して『勇者』となった。

    その後、エルフ族蜂起の噂で帰還を命ぜられ、首謀者の四天王を捕らえたが、途中で見つけた世界最強の剣「ハルトゥシャルテ」別名エクスカリバーが、僕の運命を大きく変えた。

    やがて魔界騒乱の渦に巻き込まれ、そこに現れた超絶な剣捌きをする女剣士とともに、新たな魔王討伐を進めることになった。

    そして、最後に現れたのは、人間界を滅ぼす超弩級の空中要塞。これを破壊しないと!
    今ここに、エクスカリバーの真の力が試される。
    -----------------
    第二回ツギクル小説大賞で投票してくださったたくさんの皆様、本当にありがとうございました。ツギクル運営様から感想をいただきました! 今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

    0クル

    カテゴリー内順位1090位 / 5,814件

    ジャンル内順位674位 / 2,923件

    (0)