あなたへのおすすめ

  • スケーターズ・ワルツ

    マツダシバコ

    湖のほとりにはスケーターズ・ワルツが流れていた。この町ではスケートがうまくすべれるかで人生が左右する。ベンは町の名士の娘ジルと結婚した。気づけば年をとっていた。ベンは二人の思い出を取り戻すために湖にでかけた。

    0クル

    カテゴリー内順位1295位 / 4,691件

    ジャンル内順位27位 / 326件

    (0)

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    過去に、隣人として助けてあげられなかった小さな命がある。その罪悪感から、母となり、幼い娘に読み聞かせてあげられなかった「マッチ売りの少女」の絵本。そんな彼女を救ってくれたのは、彼女と同じ経験をした女性の一言だった。

    0クル

    カテゴリー内順位1295位 / 4,691件

    ジャンル内順位27位 / 326件

    (0)

  • ハリマオ65

    大都会から車で時間以内に素晴らしい自然の里がある、
    そこで生まれた加藤末吉はこの自然が好きで村を離れず地元で便利屋
    として住民につくし地元で結婚した。ある日、村から8kmの所に
    高速道路が通り、その出入り口を作る計画があがった。父、加藤吉宗
    が将来の村の発展のため村外から優秀な村長を探し多くのアイディアを
    出してもらい村は発展したが村長が病に倒れた。その後、吉宗の長男に
    村長を打診し了解してもらい高速道路の効果で増えた村の資産を投資
    で、さらに増やし村の産業界発のためにつくし村の過疎化対策で若い
    移住者の優遇政策で人口を増やし村の若返りにも成功した。吉宗が
    亡くなった時、莫大な個人資産を全て村に寄付し・・・。
    この小説は、カクヨム、アルファポリスの重複投稿しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1295位 / 4,691件

    ジャンル内順位27位 / 326件

    (0)

  • ハリマオ65

     東北の漁村で生まれ育った幼なじみの4人は、
    仲が良かった。内藤哲人、彼は無口で人の心の
    中を見抜く能力と天性の勘の鋭さがあった。
    内藤智惠は賢く何か事を起こすときには、
    うってつけの参謀だった。斎藤渉は弁舌が達ち
    他人をその気にさせる名人、話術の達人だった。
    海藤努は努力家で勉強熱心で本が好きで中学で、
    よく本を借りて読んでいた。

    やがて中学を卒業すると当たり前のように
    集団就職列車で田舎の駅で両親と別れの涙を拭いて
    、大都会東京へ向かった。しかし幸いなことに
    4人とも同じ商店街の寮に入り働きながら、
    夜間高校に通わせてもらい総じて恵まれた環境
    だった。池上智惠は定時制高校普通科でダントツの
    成績で計算が速く高校2年で珠算3段の免状を取った。
     池上智惠は働いている商店主が教育熱心で一橋大学
    商学部の受験を許してくれ返済不要の育英会奨学金
    を取って受験して見事合格した。

    その後、斎藤渉はトヨタ自動車の営業、内藤哲人は
    小さな証券会社に海藤努は生命保険会社の営業、
    池上智惠さんは三菱銀行の銀行員と就職していき
    、やがて海藤努と池上智惠が結婚した。

     その後、多くの試練や転職、株投資など多くの
    試練を乗り越え、たくましく成長して行く姿を
    是非ご覧下さい。

    この作品はアルファポリス、小説家になろうに
    重複掲載しています。

    0クル

    カテゴリー内順位1295位 / 4,691件

    ジャンル内順位27位 / 326件

    (0)

  • 高橋 雨

    ※ネタバレ含みます!

    人里離れたある丘の上に、たった一本だけ巨大な木が生えている。そこはかつて、首吊り自殺が多発した自殺スポットだったーー。

    売れない小説家の俺は、彼女に振られ、借金も返せず、死に場所を求めていた。
    みんな死んでしまえ。
    こんな終える価値すらないようなくだらない人生は、もううんざりだ。
    この世に絶望して、裏掲示板の噂を頼りにたどり着いたのは、とある山奥の丘の上だった。
    そこで俺が目にしたもの。
    それは、巨大なブロッコリーのような木。
    そして、そこにぶら下がっていたものはーー
    この木にまつわるもう一つの噂。

    本のなる木ーー

    信じられないことに、木には噂通りたくさんの本がなっていたのだ。
    しかし、不思議なことはそれだけでは終わらない。

    「私、地獄から来たの」

    人などいないはずのその場所で、俺は、自称地獄の番人の、不思議な美女と出会ったのだ。

    「あなたを絶対に死なせないから」

    そう言う彼女に促されて、よく分からないまま俺が木に触れると、今までピクリともしなかった本がドサリと落ちて、次の瞬間まばゆい輝きを放った。

    そして、気付けば俺は、過去の世界にタイムスリップしていたのだ。
    俺は本の物語の中に吸い込まれたのだった。

    1冊目は、コンビ二のバイト店員の物語。たった一人で認知症の祖母を養うために朝から晩まで働く高校生が主人公の世界へ。
    2冊目は、中学時代の同級生の娘の物語。いじめられている女子中学生が主人公の世界へ。
    そのどちらも俺の人生が霞むくらいに壮絶なものだった。
    そして、不思議なことにどの物語も俺の過去に関係しているものばかりだったのだ。

    そして、3冊目。
    それは、別れた彼女の由梨の物語だった。

    そこで、俺は衝撃の真実を知ることになる。

    その木になる本の物語は、この木で自殺した人たちの生前の物語だったのだ。

    由梨が抱えていた秘密とは?なぜ、俺の前から姿を消した?なぜ、死ななければならなかった?

    俺は由梨を救うことができるのか。大切な人の過去を変えることができるのか。
    そして、自分の未来を変えることができるのかーー

    0クル

    カテゴリー内順位1295位 / 4,691件

    ジャンル内順位27位 / 326件

    (0)

  • BOOK SHORTS(ブックショート)

    おばあさんに拾われなかった桃はこんなはずじゃなかったと思って川を逆流して、また川を流れていくが拾われず、また川をさかのぼり、流れ、さかのぼり、流れることを繰り返して時間が経った。そんなある日、おじいさんが川へ洗濯をしにくるがやっぱり桃は拾われず、自力で岸に上がる。

    0クル

    カテゴリー内順位1295位 / 4,691件

    ジャンル内順位27位 / 326件

    (0)