ゲームの世界に転生したら、いきなり全滅ルートに突入した件〜攻略知識を活かして、なんとかして生き延びる〜 (外部サイトで読む

みなかみしょう

 二〇〇〇年代前半に発売された美少女ゲーム、『茜色の空、暁の翼』。
 RPGとして良くできていたと評判の高いゲームである。

 詳しい事情は不明だが、彼は気がついたら『茜色の空、暁の翼』のサブキャラとして転生していた。
 
 突然の状況に混乱する以上に、大きな問題があった。

 転生した時間軸が、全滅ルートに突入する直前だったのだ。

 このままでは、大規模な戦争が発生し、物語の舞台となる王国は荒れ果て、最悪ヒロインは全滅する。

 更にいうと、一年以内に自分自身も死んでしまう。
 
 転生先は、マイス・カダントという序盤で退場するサブキャラ。
 戦乱ルートに突入すると「あいつは死んだ」と一行程度で死を表現される儚い運命の存在。

 なんとしても悲劇を回避しなければならない。

 これは一人の男が、ゲーム知識を頼りに、運命に挑む物語。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち