美女ばかりのパーティーを追放された勘違い付与術師は今日もストーキング行為に励む〜俺を追放したことを後悔させて……えっ、むしろご褒美なんですか?〜 (外部サイトで読む

k-ing

「あなたにはこのパーティーから抜けてもらうわ」

 付与術師のクロウはこれで三回目のパーティー追放を告げられた。

 女性が苦手なのに美女ばかりのパーティーに入ったのが間違いだった。

 毎日付与術師の能力である精神耐性を使って耐えてきたのに……。

 だからクロウは奴らに復讐することを……ストーキングして直接嫌がらせすることを誓う。

 しかし、嫌がらせをしても彼女達は嫌な素振りを見せなかった。

 あれ?

 なぜだ……。

「なぜあいつらは俺のストーキングを喜んでいるんだ!?」

 勘違い付与術師のクロウが追放パーティーをストーカーしているつもりが彼女達にはご褒美になっていた。

 主人公は彼女達に嫌がらせできるのだろうか?

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち