終活令嬢 ~人生を諦めて死ぬ気満々な私と溺愛したい神官の攻防~ (外部サイトで読む

西根羽南

婚約者の王子に浮気されては殺される人生を何度も繰り返し、エレノア・ヘイズ公爵令嬢がたどり着いた答えは――何をしても、しなくても殺される。

どうせ無駄なら抵抗しない。
もう愛されたいと願わない。
――さあ、終活の始まりだ。

「今度の死は明るいですよ!」

悔いなく最期を迎えるため、終活を始めて元気に死に向かっていく。
ところが死ぬ気満々のエレノアを、何故か神官が溺愛し始めた。

「悔い、残してください。それでエレノアが生きてくれるのなら、俺は何でもします」


死ぬ気満々・愛される気ゼロで人生を諦めた令嬢と、愛されたいと願ってほしい神官の、終活から始まる溺愛の攻防。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

書籍・コミカライズ情報などは、「西根羽南のページ」をご覧ください。