██▚ 現代魔術は異世界をクロールするか : 数理科学による魔術の始め方 ▚██ (外部サイトで読む

Richard Roe

 ジーニアスが、父の所有する蔵書を読んで至った結論は、数理学、であった。

 精霊という名前の『ラグランジアン密度で規定される作用場(スカラー場)』を仮定。状態空間表記される魔術は特異値分解SVDを計算することでハンケル特異値が求まり、棄却可能な要素を削れば計算リソースが大幅に節約可能。
 魔術演算補助アプリケーションを立ち上げ、数理科学の理論を駆使して、ジーニアスはこの世界唯一の現代魔術師へとなるのであった。

※空想科学[SF] 日間最高1位、月間最高3位(小説家になろう:2021-07-13時点)
※科学に興味が沸くような小説にしたいです。
※説明が至らないため読みづらい点があるかと思いますが、読み流していただけたら幸いです。
※この小説は「小説家になろう」「カクヨム」「ノベルアップ+」に連載しております。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち