灰色の悪役令嬢は、婚約者から「ざまぁ返し」の手ほどきを受ける。「…ところでレオ様、ざまぁ返しって何ですか?」 (外部サイトで読む

越智屋ノマ

「愛しいシルヴィア。……ざまぁ返しを、キメてくれ」

熱病に倒れた日から、婚約者のレオ様は変わった。
これまで私に無関心だった彼は私を溺愛し、そして一つの依頼をしてきたのだ。その依頼こそが、「ざまぁ返し」。

私はこのままだと男爵令嬢エマの策略に堕ちて精神を病み、犯罪を起こして婚約を破棄され、獄死する運命だという。その運命を回避させるべく、私に『ざまぁ返し教育』を施すレオ様。

愛する婚約者に期待されている以上、私はエマには負けられない! 必ず華麗なざまぁ返しを致します!

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち