極・史上最強の異世界召喚 〜人類の最高傑作、勇者となって魔王を討つ〜 (外部サイトで読む

不思議たぬき

『地球の最強は異世界で通用するのか?』

地球、及び人類史上で最も強い男が異世界に召喚された。
その男、身長2.7メートル、体重613キロ。フィジカルだけではない。その技術、その精神、どれもが史上最強だった。

一方、異世界では過去最強の魔王が復活しようとしていた。
強化された魔物たち、強力無比な魔族たち、魔王軍四天王、そして魔王との戦い。
異世界の人類の命運は、この勇者に託された。

【毎日投稿】


「つまり、大きかったのです。我々が想定するより遥かに。あれを見て、すぐに人間だと思える人は、そういないでしょう」


 魔法陣の上に現れたその男、身長270センチ、体重613キロ。
 下着以外を一切纏わず、だと言うのに圧倒的な存在感、質量感を纏っていた。

 腕の太さ—— 十歳やそこらの子供で在ればすっぽり入ってしまいそうだ。

 太ももの太さ—— 大の大人の肩幅ほどもあるだろうか。

 胸の厚さ—— レンガ五枚、いや六枚分はあるか。


 例えるなら、やはりヒグマだろう。世界最大のヒグマともなると、2.8メートル、600キロにも及ぶと言うが、彼はその水準すら超えている。

 そんな生物が目の前に現れて、規格外と言う他、なんと言うか。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち