偽物聖女だと追放されましたが、モフモフばかりの獣人騎士団に雇われて幸せです (外部サイトで読む

氷雨そら

 義妹が真の聖女だと、聖女の資格を剥奪され、さらに婚約破棄されてしまった私。

 けれど、そんな私に差し伸べられたのは、白銀の髪にアメジストのような瞳をした、美貌の騎士様の大きな手だった。

 ……え? 国外追放をなしにする代わりに、私のことは獣人騎士団の預かりになるのですか?
獣人? 騎士様? モフモフライフ、最高です!

 聖女ではなくなった私は、モフモフ騎士様ばかりの最高の場所で、お手伝い係として雇われたのだった。

 無自覚モフモフ大好き追放聖女を、モフモフ騎士様が溺愛する、ファンタジーラブコメ。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち