百々目鬼(どどめき) (外部サイトで読む

どくどく

白石瞳は虐められている。

同級生の赤川聡子に目を付けられ、複数からの暴力を受けていた。
いじめの流れで万引きを強要されるもすんでのところで踏みとどまるが、店長の青木に万引きの冤罪をかけられ、身体を穢されてしまう。

肉体的精神的に限界を迎えた白石は、自分の腕に百の目玉があることに気づく。
目玉は白石にあらゆるものを見ることができる能力を与えてくれた。相手の秘密さえも。

瞳はこの目を使って、復讐に走る。秘密を握り、SNSを使って相手を追い込んでいく。
復讐の果てに、得られたものは……。

この物語は令和にとある妖怪が生まれるまでの話――

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち