盤上の兵たちは最強を誇るドラゴン種…なんだけどさ (外部サイトで読む

ひるま

 空色の髪をなびかせる玉虫色の騎士。

 それは王位継承戦に持ち出されたチェスゲームの中で、駒が取られると同事に現れるモンスターをモチーフとしたロボット兵”盤上戦騎”またの名を”ディザスター”と呼ばれる者。

 彼ら盤上戦騎たちはレーダーにもカメラにも映らない、さらに人の記憶からもすぐさま消え去ってしまう、もはや反則レベルの戦闘マシン。

 チェスの駒のマスターを望まれた“鈴木くれは”だったが、彼女は戦わずにただ傍観するのみ。

 だけど、兵士の駒"ベルタ”のマスターとなり戦場へと赴いたのは、彼女の想い人であり幼馴染みの高砂・飛遊午。

 異世界から来た連中のために戦えないくれは。

 一方、戦う飛遊午。

 ふたりの、それぞれの想いは交錯するのか・・・。

 *この作品は、「小説家になろう」「アルファポリス」でも同時連載しております。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち