五丁目1-17

あの日のいっせい

中年と呼ばれる年齢に達したサラリーマン、晴馬誠之助が駅のホーム外で見たもの、それは空を飛ぶ少女だった。

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち