本の虫令嬢ですが「君が番だ! 間違いない」と、竜騎士様が迫ってきます (外部サイトで読む

氷雨そら

 本の虫として社交界に出ることもなく、婚約者もいないミリア。

「君が番だ! 間違いない」

(番とは……!)

 今日も読書にいそしむミリアの前に現れたのは、王都にたった一人の竜騎士様。

 本好き令嬢が、強引な竜騎士様に振り回される竜人の番ラブコメ。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち