結婚記念日をスルーされたので、離婚しても良いですか? (外部サイトで読む

秋月 一花

 本日、結婚記念日を迎えた。三周年のお祝いに、料理長が腕を振るってくれた。私は夫であるマハロを待っていた。……いつまで経っても帰ってこない、彼を。

 ……結婚記念日を過ぎてから帰って来た彼は、私との結婚記念日を覚えていないようだった。身体が弱いという幼馴染の見舞いに行って、そのまま食事をして戻って来たみたいだ。

 彼と結婚してからずっとそう。私がデートをしてみたい、と言えば了承してくれるものの、当日幼馴染の女性が体調を崩して「後で埋め合わせするから」と彼女の元へ向かってしまう。埋め合わせなんて、この三年一度もされたことがありませんが?

 もう我慢の限界というものです。

「離婚してください」
「一体何を言っているんだ、君は……そんなこと、出来るはずないだろう?」

 白い結婚のため、可能ですよ? 知らないのですか?
 あなたと離婚して、私は第二の人生を歩みます。

※アルファポリス様・カクヨム様・小説家になろう様にも投稿してます。

※全5話。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち