氷獄の魔剣使い〜追放された魔力適性エラーの少年、貴族の令嬢に拾われて充実した生活が始まりました〜 (外部サイトで読む

正殿木

 ユーズは高名な貴族ディアトリス家で苦痛の日々を過ごしていた。
 元は貧しい平民の生まれだったが当主カロン・ディアトリスに買われたユーズは、いずれディアトリス家に役立つ水魔法の使い手となるべく身体に無茶な実験を施されていた。
 さらに実験のみならず基礎身体能力を上げるために虐待のような特訓と魔法の勉強を課せられる毎日。
 そんな日々を過ごしていたある日、主人カロンは実験の成果を確認しようとユーズの魔力属性を調べる。
 しかしそこで判明した事実は、ユーズに水の魔法の適性など無いということだった。
 現れる結果はエラーのみ。

 それに激怒したカロンはユーズを家から追い出した。
 だが行き倒れたユーズは銀髪碧眼の貴族令嬢に偶然拾われ、彼女に魔法の才覚を見出される。

 その魔法は氷属性。
 この世界でイレギュラーな力を得たユーズは次第にその力を王立学園、ひいては国中に知らしめていくことになる。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち