転生令嬢は喋れない (外部サイトで読む

どりーむぼうる

その日は突然訪れた。
おしゃべりな事で有名なロクァース家の令嬢が突然無口になった。
突然の事態に周りは騒然とする。
しかし、その実態は周りが思ったよりも単純明快で複雑なものであった……。

手違いで前世の記憶が甦ったラリアは女神に発言することを禁じられる。
少女は呪いを解くために周りを巻き込み走り出した。
彼女は女神を倒すことができるのか?
無口で煩い傍迷惑な令嬢の物語が始まる。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち