恩を返して欲しいのはこっちのほうだ! (外部サイトで読む

秋月 一花

「アクア・ルックス! 貴様は聖女を騙った罰として、国外追放の刑に処す!」
「ちょ、今、儀式の途中……!」
「ええい、そんなものこちらにいらっしゃる本物の聖女が継いでくれるわ! さっさと俺の前から消えろ! 目障りなんだよ!」

 ……そんなに大声で、儀式中に乱入してくるなんて……この国、大丈夫?
 まぁ、そんなに言うのなら国外追放受けて入れてやろうじゃないか。……と思ったら。

「ああ、その前にお前が使っていた道具すべて、王家に渡してもらうからな! アレだけ王家の金を使ったのだ、恩を返してもらわねば!」
「……勝手に持って来ただけじゃん……」

 全く、恩を返して欲しいのはこっちのほうだ!
 誰のおかげで魔物が入ってこなかったというのか……!
 大義名分を手に入れたわたしは、意気揚々とこの国を去った。

※アルファポリス様・カクヨム様・小説家になろう様にも投稿しています。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち