婚約破棄は計画的に。 (外部サイトで読む

秋月 一花


「アイリーン、貴様との婚約を――」
「破棄するのですね、かしこまりました。喜んで同意致します」

 私、アイリーンは転生者だ。愛読していた恋愛小説の悪役令嬢として転生した。とはいえ、悪役令嬢らしい活躍はしていない。していないけど、原作の強制力か、パーティー会場で婚約破棄を宣言されそうになった。
 ……正直こっちから願い下げだから、婚約破棄、喜んで同意致します!

※アルファポリス様・カクヨム様・小説家になろう様にも投稿しています。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち