万能術士の成り上がり ~器用貧乏などと言う理由でギルドを追放されたが、『万能』のギフトは最強の大器晩成能力だった?!全てを操る『万能』の力を手に、俺は異種族の少女達と最強のSランク冒険者を目指す~ (外部サイトで読む

七篠七四

 『万能』のギフトを持つジークハルトは、ギルド『英雄の剣』に所属する冒険者だ。だがある日、初級剣技と初級魔術しか使えないという理由でギルドを追放されてしまう。
 王都を後にしたジークハルトは、隣町に移動する途中でオークに追われた半龍族の少女、クリスティーネと出会った。ジークハルトは持ち前の技能を駆使し、オークから少女を救うことに成功する。少女と共に隣町へ移動したジークハルトは、冒険者になりたいというクリスティーネとパーティを組むことになる。クリスティーネと共に冒険の日々を送るジークハルトだったが、やがて『万能』のギフトの真の力が明らかとなっていった。『万能』のギフトは、希少な魔術も含めたあらゆる技能を使えるとんでもないものだった。
 一方、ジークハルトを追放したギルドの方では、彼を目的としたギルド合併の話が流れ、『万能』の力が知れ渡ることで大騒ぎになっていた。急ぎジークハルトを捜索するものの、王都を去ったジークハルトが見つかることはなかった。この出来事を機に、ギルドは崩壊への坂道を転がり落ちていくことになる。
 これは、あらゆる力を使いこなす少年が、異種族の少女たちと出会い、やがて最強の冒険者となるまでの物語である。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち