京都の今日も通り道のあやしゑ手まり歌 (外部サイトで読む

もふもふ大好き

主人公の青年──葵渚(あおなぎ)はやて──は、梓巫(あずさみこ)と呼ばれる呪術を生業とした陰陽系統の出だ。彼はとある目的のために京都へと出向き、顔を布で隠した不思議な男と出会う。
この男に振り回されながらも、京の道を共に観光しては泣いて笑って、時々喧嘩して……

彼らが巡るのは古都京都。手まり歌に準えた道を辿り、そこで出会う人々やあやかしたちに触れていく。それは手まり歌に呪われた者たちでもあった。
京都に隠された失せ物、謎解きとの出会い。そして京の都に重なるは歌の始まりと終わり──

楽しくておかしゑな京都ならではの料理や文化、心踊る景色。そして手まり歌に翻弄されながらも前へと進む。

二人の関係がエモいと評判です(笑)
注意:主人公は究極の方向音痴です。東西南北わからない&地図読めません。方向が間違っていてもお許しを。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2022/05/10 18:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は698aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

文章としては、読みやすさをしっかりと重視して書かれていると感じました。
漢字にする部分・ひらがなにする部分のバランスを見直してみるともっとよくなるかもしれませんね。

まるで異世界に旅立ったような気分で楽しませていただきました!
ファンタジーならではの分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
ファンタジーの世界をたっぷり楽しめました!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      11文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      13文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      14文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      18.50

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      11.88

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.2512

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6437

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      47.96

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      18.15

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフがちょっと多いかな

    • 空行率

      44.07

      空行がちょっと多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      72

      表現力が豊かだね

    • 単語の重複率

      29.57

      標準的だね