半ボッチで根暗で陰キャな俺に、完璧美少女の彼女ができるわけがない (外部サイトで読む

乙夜 然

とある理由から人付き合いを嫌う主人公、神影玲一。

いつも通り、唯一気を許す親友、久藤亮二と世間話をしながらのんびりと高校生活を送っていた。

ところが、一人の転入生により、その平穏な――言い換えれば、停滞した生活は終わりを告げる。


やってきたのは、誰もが見惚れるほどの超絶美少女。

とはいえ、自分には何も関係ないとドライに決め込み、普段通りの生活を営もうとする玲一だが、そんなことは許されない。

何故か美少女と会話するようになり、何故か美少女と仲良くなり、何故か美少女と付き合うことになり――――。



これは、トラウマを抱えた自分に自信がない男の子と、「完璧」に疲れた女の子の、焦れ焦れ甘々なラブストーリー!

ニヨニヨしながら初々しいカップルを眺めるのが趣味のそこの君に向けた作品ですよ!
ニヤッとしたらぜひコメントで「ちっ」とでも送ってやってください。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち