【第3部、始動!】高嶺のギャル子さんが俺の恋路を邪魔してくる件について (外部サイトで読む

けるたん

県立森実高校2年C組には、可愛いことで有名なギャルが居る。

その名も古羊洋子。

宝石のような大きな瞳に、肩まで短く切りそろえた亜麻色の髪、着崩した制服、そして小さな身体に無理やりグラビアアイドルの魅力をぎゅぅぅ~っ! と詰め込んだかのような身体に、むんむんと匂い立つような色香。

派手な容姿とは裏腹に、成績優秀で、容姿端麗、おまけに超が3つ付くほど性格もよく、男子生徒たちの間で密かにファンクラブが結成されている女の子だ。

本来であれば、そんな高嶺の花の視界にすら入らないはずの少年Bである彼、大神士狼のようなモブキャラとは縁もゆかりもない女の子。


……のハズだった。


そう、どういうワケか高嶺のギャル子ちゃんは『どこにでも居る平凡な男子高校生』であるの士狼に付きまとい始めたのだっ!

彼に女の子が近づけは牽制し、フラグが立とうものなら全身全霊でへし折る始末。

さらには『女神』と呼ばれている学校1の美少女をも巻き込んで、3人のドタバタ青春ラブコメディは加速していく。

これは『恋』に不器用な女の子の、笑顔を取り戻すまでの物語である。

挿絵担当:さんさん https://www.pixiv.net/users/17853576

(カクヨムの方にて姉妹作品【「女神」と呼ばれている学校一の美少女が俺の恋路を邪魔してくる件について】掲載中ッ!)


注意:サブタイトルに★マークがついている所に挿絵が入ってます!

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち