転生したら女の子勇者に懐かれたのはいいけど、私のことを師匠とは呼ばないで! (外部サイトで読む

水定ユウ

『転生したら女の子勇者に懐かれました。だけど、可愛いから問題ないよね?』

ある日こと、白澤黒江(シロサワ・クロエ)は気がつくと真っ暗な部屋の中にいた。そこでクロエが出会ったのは、自分を女神と名乗る少女、ソフィアだった。ソフィアは「貴女は死んでしまいました」とクロエに言うがクロエはそれをすんなり受け入れ、ソフィアからの提案で、異世界転生する道を勧められて了承する。
こうして異世界に転生し、第二の人生を歩むこととなったクロエだったが、そんな彼女を待っていたのは自分のことを「師匠」と呼んで慕う勇者と、大食いで清楚な魔王の娘だった。クロエはそんな女の子達に好かれながら、ただただまったり生きていくのであった。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち