城で侍女をしているマリアンネと申します。お給金の良いお仕事ありませんか? (外部サイトで読む

甘寧

「武闘家貴族」「脳筋貴族」と呼ばれていた元子爵令嬢のマリアンネ。

友人に騙され多額の借金を作った脳筋父のせいで、屋敷、領土を差し押さえられ事実上の没落となり、その借金を返済する為、城で侍女の仕事をしつつ得意な武力を活かし副業で「便利屋」を掛け持ちしながら借金返済の為、奮闘する毎日。

マリアンネに執着するオネエ王子やマリアンネを取り巻く人達と様々な試練を越えていく。借金返済の為に……

そんなある日、便利屋の上司ゴリさんからの指令で幽霊屋敷を調査する事になり……

武闘家令嬢と呼ばれいたマリアンネの、借金返済までを綴った物語

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち