魔力のない伯爵令嬢は二者択一に悩まされる (外部サイトで読む

糸加

伯爵令嬢でありながら魔力がないアリツィアは、社交界でそれを揶揄されて以来、父の商売や帳簿付けを手伝うことに専念し、華やかさとは無縁な生活を送っていた。
 が、ある日、父から40歳年上の大商人と結婚するか、苦手な社交界に出て自分で結婚相手を探すか、ふたつにひとつの選択を迫られる。
 仕方なくアリツィアは、ある決意を胸に、苦手な社交界に顔を出すがーー

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アリツィア
    伯爵令嬢
    魔力
    帳簿付け
    商売
    社交界
    決意
    大商人
    二者択一
    結婚相手
    父から40歳年上
    選択
    生活
    自分
    ひとつ
    ふたつ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち