前職はトラック運転手でしたが今は神の代行者をやってます ~転生志願者を避けて自分が異世界転移し、神の代役を務める羽目になったトラック運転手の無双戦記~ (外部サイトで読む

Ineji

俺の名前は牧島大悟(まきしまだいご)。
バツイチ、貧乏、ブラック運送屋務めと三拍子揃った底辺オッサン。

今日もトラックを運転していたら異世界転生が目的の自殺志願者が飛び込んできやがった。
どうにか避けたのは良いが何故か俺が異世界に転移する羽目に。
しかも『神様』を名乗る存在に異世界の管理者としての仕事を代行してくれと頼まれてしまった。

『神の代行者』となった俺が飛ばされた所は辺境の貧乏国家ボーガベル王国。
しかも明日にも隣の大国エドラキム帝国が攻め込んでくるらしいという修羅場のまっただ中。
王女エルメリア、姫騎士メアリア、魔導姫シェアリアの三人に伝説の英雄神と勘違いされた俺は、成り行きで国を守る事になっちまった。

勿論さっきまでトラックを運転していた俺は戦争なんて無縁だし、人と戦った事だってありゃしない。

だけど神様に貰った二つのインチキ能力、いわゆるチートってやつがある。

一つは物や魔法、スキルを創り出せる『創造』
もう一つは二つの世界のあらゆる事象を記録し、『創造』の能力の補佐もするいわば神AIの『叡智』

折角貰ったこの二つの能力を駆使すれば、まぁどうにかなるだろう。
立ち塞がる奴は容赦なく倒し、戴けるモノは美味しく頂く。

しがない運転手だった男がどこまで成り上がれるか。
やってみようじゃないか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    辺境
    成り行き
    代役
    三拍子
    叡智
    牧島大悟
    前職
    補佐
    貧乏国家ボーガベル王国
    チート
    大国エドラキム帝国
    羽目
    バツイチ
    事象
    まっただ中
    王女エルメリア
    底辺オッサン
    貧乏
    修羅場
    運転手

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち