アラサー女子が十六歳に混ざって元男子校の魔法学校に通うなんて無理です!

よこすかなみ

 私の名前はアン。職業は魔法についての研究職兼ライター。
 貴族の私が働く必要はないが、知的好奇心が高じて仕事になってしまった。

 そんなある日、私はお父様に呼び出される。

「魔法学校に、生徒として、入学してもらう」
「私二十六歳ですよ!?」

 魔法学校とは、十六歳から十八歳の魔力に目覚めた子供が通う三年制の教育機関だ。

「お前は十代の頃、病気のせいで学校に通わせてやれなかった」

『成長止め』──それは私が学校に通えなかった理由である先天性の病。二十六歳の私だが、見た目は十六歳ほど。体力に至っては十歳程度だ。

「入学式は明日だ。家に呼べるような友達が三人出来るまで、帰って来なくて良いからな」

 若い執事の少年・コリンは体力に不安のある私の警護を担当することになっていた。
 結局、お父様には逆らえない。

 こうなったら手っ取り早く友達を作ってお父様を満足させ、途中退学してやる!

 そのため、二十六歳であること、貴族の身分を隠し、あくまで〝普通の十六歳の女の子〟として魔法学校へ入学することに。

 しかし、元男子校の魔法学校に女子は少数で、入学した私を待っていたのは──到底理解し難い十六歳の少年たちだった! 
 生意気で横柄なデリック、アンニュイな男の子・ノア、ぶっきらぼうなマーク。
 
 年の功もあり、魔法知識の専門家である私は、正にチートレベルだけど──二十六歳であることを隠さなければ、友達はできない。

 そう思い込んでいたのだが……?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    年の功
    デリック
    警護
    チート
    魔力
    十代
    貴族
    途中退学
    少数
    身分
    知的好奇心
    アン
    若い執事
    手っ取り早く友達
    体力
    成長止め
    職業
    先天性
    お前
    アラサー女子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち