(悪役)令嬢の鑑なんてごめんです! だから殿下、ついて来ちゃダメです。 (外部サイトで読む

氷雨そら

貴族の義務として参加した王立学園の入学試験。答案用紙が回収されるのを見た瞬間、私は小説の中の悪役令嬢になってしまっていることに気が付く。

推しの第一王子に婚約破棄されて、没落なんてごめんだわ!

第一王子と悪役令嬢。お互い関わらない方がいいと、私は決意する。

私は、運命を変えるため冒険者クラスを選択しようと、貴族令嬢は免除される実技試験に臨む。それなのに、なぜか初戦から対戦相手が第一王子なのだった。

しかも、問題の第一王子まで冒険者クラスに無理やり在籍した上に、今まで興味のなかった私のことをやたらと構い出す。

小説の中では冷たかった第一王子の溺愛から始まる、すれ違っていた二人のやり直し物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    入学試験
    殿下
    没落
    悪役
    悪役令嬢
    令嬢
    初戦
    答案用紙
    貴族令嬢
    溺愛
    王立学園
    貴族
    婚約
    実技試験
    義務
    運命
    お互い
    対戦相手
    小説

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
★と感想

★を贈る

星を選択して「いいね!」ボタンを押してください。投票後、「いいね!を取り消す」ボタンを押せばいいね!を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち