ご主人様に記憶を奪われました! (外部サイトで読む

日車メレ

「はやく大人になって、命の恩人であるご主人様に恩返しを!」

 ルーチェの望みは、大切なご主人様・シルヴィオのために、立派な魔法使いになること。ある朝目覚めると、願ったとおりの大人の女性になっていた。……と思ったら、四年分の記憶をきれいさっぱり失くしてしまったらしい。

 たとえ記憶喪失だとしても、今日も変わらずご主人様のお世話と、掃除、魔法の修行にはげもうとするルーチェに、シルヴィオから衝撃の告白が――――。

「おまえの記憶は私が奪った。もう返すつもりはない」

 かつての彼女は、契約魔法で定められたご主人様以外の男性を好きになり、そのせいで命を落とす寸前だったという。
 せっかく記憶を失ったのなら、今度はご主人様のことだけを想って生きたいと願うルーチェと、彼女の記憶を奪ったことへの自責の念で思い悩むシルヴィオ。すれ違いながら、やり直しの人生で、違う未来を選べるか!? というお話です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    おまえ
    シルヴィオ
    自責
    ルーチェ
    恩人
    恩返し
    魔法使い
    寸前
    修行
    記憶喪失
    告白
    とおり
    魔法
    掃除
    ご主人様・シルヴィオ
    記憶
    衝撃
    契約魔法

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち