英雄騎士様は呪われています。そして、記憶喪失中です。 (外部サイトで読む

屋月 トム伽

戦が終わり王都に帰還していた英雄騎士様、ノクサス・リヴァディオ様。
ある日、ノクサス様の使者が私、ダリア・ルヴェルのもとにやって来た。
近々、借金のかたにある伯爵家へと妾にあがるはずだったのに、何故かノクサス様のお世話にあがって欲しいとお願いされる。

困惑する中、お世話にあがることになったが、ノクサス様は、記憶喪失中だった。

ノクサス様との思い出を語ってくださいと言われても、初対面なのですけど……。

★あらすじは時々追加します。
★小説家になろう様にも投稿中
★無断転載禁止!!

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち