処刑台の聖女は最強魔族を篭絡してスローライフを始めたい (外部サイトで読む

エルトリア

――ミレイユ・サンドロットは困惑していた。
聖女として、魔界から攻め入ってきた魔族軍から街を守っていた筈なのに、突然兵士達に拘束されてしまったのだ。
困惑したミレイユに兵士達の隊長である騎士は言う。

「そなたは聖女ではない。本物の聖女が現れたのだ」
「本物の……聖女?」

だがそれは、魔族軍が仕向けた偽の聖女だった。
ミレイユの必死の訴えも虚しく、決まる処刑。
絶体絶命。ミレイユへ、兵士達の槍が向けられる。その時だった!

「妾は狂嵐の魔皇女アースラ。貴様らをこれより処刑する。生き残りたければ死ぬ気で抵抗してみせろ、人間ども!」

現れたのは、美しき最強魔族の少女・アースラ率いる魔族軍。
聖女の守りを失っていた街は、簡単に彼女達によって制圧されてしまう。
ミレイユの見目を気に入ったアースラは、彼女に宣言する。

「アンタ、見た目も可愛いし、妾の傍仕えにしてあげる」
「どういう事ですか」
「簡単よ。妾の奴隷になるの。これからアンタに隷従の呪いを掛けるわ」

驚愕するミレイユ。
だがその時、ミレイユの聖女としての力が、アースラへ隷従の呪いを跳ね返してしまう。
呪いを受けてミレイユに絶対服従となったアースラ。
けれどそんな事になっているなど気づいていなかったミレイユは、最強魔族である彼女を見込んで、自分とずっと一緒にいてほしいとお願いしてしまう。

「これからも私と一緒にいてくれませんか? ずっとずっと、傍にいてくれませんか?」

聖女と最強魔族の少女。
呪いで結ばれてしまった、奇妙な2人組のスローライフが、今、始まる!?
スローライフ百合ファンタジー、開幕!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アースラ
    ミレイユ
    hellip
    隷従
    ミレイユ・サンドロット
    魔皇女アースラ
    スローライフ
    アンタ
    服従
    処刑
    隊長
    呪い
    少女・アースラ
    騎士

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち