終わりを歩く人形細工師 (外部サイトで読む

夢月

それまで人間界に存在しなかった未知の鉱石……魔導石。
 強大なエネルギーである『魔力』を持つその石を発見した事で人間達の
技術は飛躍的に進歩した、しかしそんな人間達の進化を世界が許さなかっ
た。
 ある時を境に世界中に降り注いだ雨……建物を崩し、ひとたび触れれば
人間の様々な機能に異常をきたす猛毒を含んだそれは止む事無く降り注ぎ
人々は驚異的な勢いでその数を減らした。
 そのまま滅びるかと思われた人類だったが僅かに残った人間達が地下に
逃げ込み、開拓し都市を築く事で辛うじて種族の糸を繋ぐ。
 しかし体を猛毒に蝕まれ生殖機能の低下した人類に未来は無い、そんな
彼らが生み出した第二世代の人類……その中の一人である彼女は現在食料
の採取に夢中になりすぎたせいで道に迷っていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    猛毒
    種族
    魔力
    未知
    鉱石&hellip
    採取
    食料
    人類&hellip
    人類
    生殖機能
    雨&hellip
    魔導石
    人形細工師
    地下
    彼ら
    勢い
    エネルギー

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち