魔眼の超越者 ―超絶至高の魔眼スキルで裏社会をねじ伏せる― (外部サイトで読む

枢ノレ

 俺の異能は《深淵を覗く瞳》――身体能力、神経伝達速度、思考能力――あらゆる力を強化して、擬似的に世界をスローモーション化させる能力だ。魔眼を開いて異能を発動させた俺は、世界のルールを超越する。


 異能は持たざる者にとって受け入れがたく、能力者の中には生まれた瞬間に社会のシステムから弾き出されてしまう者が一定数いる。それらが法の網の目を潜り、あるいは踏みにじり――社会の癌として存在する現代。

 その社会の癌の一人である俺は、雇い主で家主でもある天龍寺夏姫の元でなんでも屋のスタッフとして働きつつ、副業で裏社会の違法賭博格闘に出場し小遣いを稼いでいた。そんなある日、試合直後の俺と勝利を称える夏姫の元に仕事の依頼の電話が入る。
 非合法な依頼を受ける探偵を探している男がいる。素人のそいつが変に動いて警察の目を引く前に界隈から退場させろとのお達しだ。
 夏姫が依頼を受けたことで、その男に接触した俺たちだが――

 
 フルスロットル現代異能クライムアクション。楽しんでいただければ幸いです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    網の目
    雇い主
    深淵
    家主
    フルスロットル現代異能クライムアクション
    違法賭博格闘
    界隈
    小遣い
    スローモーション化
    超絶至高
    神経伝達速度
    副業
    探偵
    異能
    勝利
    天龍寺夏姫
    試合直後
    警察

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち