黒歴史小説 冬の蝉 (外部サイトで読む

味噌村 幸太郎

 闇の組織〝マザー〟から馬斬隊隊長にしてマザーナンバー1である〝冬の蝉〟が研究所を脱走して一年が経った。
 マザーを裏で操る〝現時会〟から江崎桐子は打開策を強いられ、FXシリーズ〝ハイエンド〟による追跡案を出した。
 オウラ会長の下、赤の剣の使用が認可され、ハイ・エンドは冬の蝉追跡の任についた。

 一方、素性を隠しながら三枝高校に通う一ノ瀬 守はクラスメイトである品田 由香の持ち前の笑顔と元気におされながらも学園生活を満喫していた。
 そこに赤穂 夕貴と相場 史樹が現れる。
 彼らは守とマザーから逃げ出してきた保護システム達であった。
 由香は守と夕貴達との関係を不審に思いながらも親交を深め、お互いに打ち解けあっていく

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    品田
    江崎桐子
    赤穂
    持ち前
    親交
    一ノ瀬
    素性
    オウラ会長
    マザー
    クラスメイト
    蝉追跡
    由香
    打開策
    三枝高校
    マザーナンバー
    馬斬隊隊長
    追跡案

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち