幼馴染を忘れられなくて童貞34年極めたらリア充になれた話 (外部サイトで読む

味噌村 幸太郎

34歳にして童貞、半ひきこもり、ニートの本田 広(ほんだ ひろし)は小学生時代からの親友である市原 海人(いちはら かいと)からの誘いで20年ぶりに地元福岡から遠く離れた名古屋に1人旅に出る。
広が訪れた本当の目的は親友との再会ではなく、小学生時代の初恋の相手、神埼 明日香(かんざき あすか)に会うことであった。

だが時は残酷で明日香は結婚していた。
落ち込んでいた広に意外な天使が舞い降りる……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    神埼
    海人
    明日香
    初恋
    市原
    幼馴染
    親友
    ニート
    半ひきこもり
    いちはら
    再会
    本田
    リア充
    誘い
    童貞
    天使
    かんざき あすか
    ほんだ
    名古屋

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち