~地球に追放された第三皇女はこのまま終わるつもりはなく、~覇帝姫、宇宙宮 瑠詩羽の反撃! (外部サイトで読む

尾山塩之進

「我が娘、瑠詩羽よ! お前を宇宙宮皇家から追放する! 理由は我が皇座を狙い謀反を企てからだ!」

宇宙覇帝国の第三皇女、宇宙宮 瑠詩羽は父である宇宙覇帝からの謂れのない謀反の罪による突然の皇家追放を言い渡されてしまう。
力を封じられ、領地、配下、軍隊、その全てを没収され辺境中の辺境である地球に追放された彼女。
しかるのち反逆罪で処刑するつもりだった宇宙覇帝だが、余興とばかりに彼女に生きる為のチャンスを提示した。

『追放先の地球の最弱国ニホンに住まう最弱の人間を常に生きたまま側を置くという枷を付けた身の上で、地球を手早く征服して見せよ。それが出来れば命は助けてやろうではないか!』

瑠詩羽は見初めたニホンの少年、空也を拾い奴隷とすると、ニホン国そしてこの星を支配するという常任理事国と呼ばれる国々に戦いを挑む。
そして瑠詩羽を貶めた皇族兄妹たちも此処で彼女の息の根を止めんとばかりに地球へ襲来する。
瑠詩羽の反撃の7日間がここに始まった。


※この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    謂れ
    息の根
    空也
    身の上
    領地
    配下
    辺境
    ニホン
    余興
    此処
    皇座
    軍隊
    国々
    宇宙覇帝
    瑠詩羽
    覇帝姫
    謀反
    宇宙覇帝国
    反撃

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち