両親が勇者と魔王だなんて知らない 〜追放されたから当然ざまぁします。だけど俺のことよく追放したね? 君らよほど無能だよ〜 (外部サイトで読む

コレゼン

「ランス、おまえみたいな、適なしの無能は、このパーティーから追放だ!」

職業適性の有無で、評価される世界。

職業適性なし。
そして高難易度ダンジョンで、強敵へのおとり。
そんな理不尽な理由で突然、所属パーティーを追放されたランス。

仲間だと思っていたパーティーメンバー。
彼らはランスを、もともと仲間と思っていなかった。

ランスは、二つの強力なスキルで、パーティーをサポートしてきた。
しかし、それらが認められることは、ついになかったのだった。

追放されたランス。
奴隷だったハイエルフ少女のミミと、パーティーを組み。
そして冒険者として、どんどん成りあがっていく。

その一方でランスを追放した元パーティー。
彼らはどんどん没落していった。
気づけはランス達は、元パーティーをはるかにりょうがしていた。

そんな中、ある人物からランスは自身の強力なスキルが、勇者と魔王の固有のスキルであることを知らされる。

「え!? 俺の両親って勇者と魔王?」

ランスは様々な争いに、次々と巻き込まれていくが――
その勇者と魔王の力とランス自身の才によって、周囲の度肝を抜く結果を引き起こしてゆくのであった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハイエルフ少女
    ミミ
    ランス
    強敵
    追放
    りょう
    おまえ
    争い
    職業適性
    勇者
    ランス自身
    ランス達
    一方
    有無
    両親
    彼ら
    周囲
    人物
    スキル

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち