異世界で子作りしないで帰る方法 (外部サイトで読む

夜霞

「俺の子供を産んで欲しい。それが元の世界に帰る為の条件だ」

失意の中、夢だった図書館司書を退職した橘井柚子(きついゆず)は、退職した日の夜、自室で眠りについた。
次に目が覚めると、そこは真っ暗な部屋の中。
何者かに押し倒された柚子はそのまま恐怖から気を失ってしまう。

やがて朝になり目が覚めると、隣には見目麗しい青年・アズールスが眠っていたのだった。
始めはアズールス達と言葉が通じなかった柚子だが、心を通い合わせる中で、ここが異世界である事、そして、元の世界に帰る為の条件が、アズールスの子供を産む事だと知るのだった。

元の世界に帰りたい。しかし、好きでもない人の子供は産みたくない。

自力で元の世界に帰る方法を模索する中で、柚子はアズールスについて知る事になるのだった。

子作りが先か、元の世界に帰るのが先か。
それともーー恋に落ちるのが先か。

これは、「夢」と「愛」を得る物語。

※他サイトにも掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    失意
    異世界
    自室
    柚子
    何者
    自力
    橘井柚子
    アズールス
    ゆず
    目麗しい青年
    図書館司書
    恐怖
    アズールス達
    物語

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち