超絶資産家に産まれてエリート近衛騎士団に入団したのに、コミュ障キモヲタでハブられてる僕にはなにも起こったりはしないようです。 (外部サイトで読む

TODUCHI

世界一とも噂される大資産家の4男として生まれ育った少年『ロイ・マクエル』 何不自由なく暮らし、最高の環境の中で人も羨むセレブな生活を送っている。と思いきや、さに非ず!

彼は「ブサイク」・「コミュ障」・「ヲタ趣味」の三大苦悩を抱えており、生い立ち故の逃げ癖まで付いている。それゆえ親兄姉から完全に孤立し、挙げ句の果てにとうとう家を追い出される始末。

だが家を追放されたとはいえ名目上は大国エグルストンのエリート騎士団への召喚入団という形である為か、それに縋るように『ロイ・マクエル』少年は遠路はるばるにエグルストン皇国やってきた。

一応エリート騎士団に入団する事になった少年は、一旦ヲタ趣味を隠し、コミュ障をのり越えることを決意した。
それなら穏やかで幸せな勝ち組人生が送れて、尚且エリート騎士団で社会的信用をも勝ち取れる。そして、それを、自分の抱える野望実現への足掛かりとする。

そう、彼には秘めたる野望があった。彼の言葉を借りると「モテモテハーレムでイチャラブぅ?俺TUEEEで最強ぅ?はっ!ちいせえ!小さ過ぎるぜ!僕の夢は天上天下唯我独尊!世界中の美少女を漏れなく全て笑顔にする。そして自分のヲタ趣味を持って全世界に平和をもたらしてみせる!」などという、まるっきりナナメ上で浮世離れした SDGs かよ!的な夢の野望が。

ブサイク故に無視され、コミュ障なのでハブられ、ヲタ趣味がバレてキモいと後ろ指を指される・・・。コミュ障キモヲタ少年の野望の行き着く先は、果たして如何なるものなのか・・・・。


見果てぬ夢を少年、いや“漢“は追おうとしていた。


当然ながらこの物語は主人公がヲタ趣味に《ブヒ》りすぎてすんなり進みません。

これはそんなちょっとおかしな少年の英雄譚です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    SDGs
    足掛かり
    遠路
    大国エグルストン
    天上天下唯我独尊
    エグルストン皇国
    コミュ障キモヲタ
    浮世
    生い立ち故
    ブサイク故
    ブサイク
    モテモテハーレム
    ハブ
    コミュ障キモヲタ少年
    俺TUEEE
    漢&ldquo
    コミュ障
    召喚入団
    始末
    野望

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち