案外普通の冒険譚~忘却賢者は日記で己を取り戻す~ (外部サイトで読む

福良無有

 賢者に育てられ智慧を受け継ぎし青年、ケヴィン・エテルニス。
 一つの戦いで彼は世界を護る選択をした。
 それが親しき仲間たちとの別れを意味するものと知っていても迷う事なく。
 その選択の結果、世界は永く続くことになる平穏を手に入れることができた。

 時は流れて3000年後。
 青年は目を覚ます。
 記憶を失った青年は少しずつ自分を取り戻す中で知る。
 遥か昔に青年が生きた頃とは大きく物事が変容した時代であることを。
 そして、潜在的な脅威が深く静かに進行している可能性を。
 その脅威の警鐘を鳴らせるのは青年、ケヴィンのみ。
 しかし、要たる知識は失われた記憶の中にある。
 再び世界を護るためにも、彼は自身の記憶に立ち向かうことを決意する。

 鍵となるのは、ケヴィン自身が記した日記帳。
 かつての世界で親しき仲間たちと出会い、別れていくまでを記したその道程――


※話の進行は遅めです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エテルニス
    ケヴィン
    道程
    平穏
    警鐘
    ケヴィン自身
    智慧
    脅威
    冒険譚
    物事
    青年
    忘却賢者
    要たる知識
    戦い
    進行
    記憶
    日記帳
    賢者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち