婚約破棄して欲しくて冷酷騎士に決闘を挑んでみました。……が、溺愛されるとか誰か予想できました? (外部サイトで読む

氷雨そら

 年頃になり、私、リアスティアにも婚約者が決まった。親が決めた婚約者というやつだ。

 貧乏伯爵家の私には不釣り合いな、侯爵家次男の若き騎士。親には決して逃すなと厳命されている優良物件だ。

 しかし、現在私は友人たちに憐れみの目を向けられている。婚約者は、冷酷騎士として名を馳せるお方なのだ。

 もう、何回かお会いしたけれど、婚約者のお茶会ですら、私のことを冷たく見据えるばかりで一向に距離が縮まる様子なし。

「あっ、あの。ゼフィー様?」

「……なんだ」

 わぁ。やっぱり無理ぃ……。鋼メンタルとか言われる私ですら、会話が続かない。

 こうなったら、嫌われて婚約破棄してもらおう!

 私は、そんな安易な考えで冷酷騎士に決闘を挑むことにするのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    決闘
    お方
    冷酷騎士
    リアスティア
    年頃
    無理ぃ&hellip
    侯爵家次男
    鋼メンタル
    若き騎士
    婚約
    貧乏伯爵家
    ゼフィー様
    優良物件
    会話
    やつ
    距離
    様子
    婚約者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち